200系ハイエースの買取査定額を究極に高める方法

車の売却方法は、色々あります。

  • 一括査定
  • 買取専門店
  • ディーラーの下取り
  • 中古車販売店
  • ガソリンスタンド
  • オートバックス
  • 輸出業者
  • 解体屋
  • etc

数え上げればキリがありません。

 で、どこを選べばいいのか?

「どんな車も○○で!最高額で買取!」

なんて、どこかの安っぽいCMじゃないですが、

そんな業者は日本中どこを探してもありません。

 

 車にもいろんな種類があり、その種類や特徴に応じて、最適な売却先を選ぶ必要があります。

 

中でもハイエースは特別な車です。

 「良くわからんけど、ディーラーに下取りしてもらうのがいいんじゃね?」とか

 「CMで見た●●に行ってみようかな?」

などと他の一般的な車と同じような売り方をしてしまっては、大損をする可能性が、きわめて高い車です。

 

ハイエースが他の一般的な車と違って、どう特別なのか?一言でいいますと・・・

 

それは「ハイエースは、世界でダントツのナンバー1の人気車種だから」という点に尽きますね。

 詳しくは、「世界中が欲しがるハイエースの真の買取査定相場と究極の売却術とは」の記事もご一読いただければと思います。

その人気ぶりゆえに、残念ながら、「日本国内の盗難車種の第1位」という不幸なタイトルも取り続けていました。(ちなみに、ここ数年は、イモビライザーが標準装備となり、めだたく1位から陥落しております)

「海外でも人気がある?だから、何??それで売却先が変わるの?」

そんな疑問を持たれるかもしれませんね。

 

 実は、中古車の買取相場は、輸出が絡むと、通常の国内の中古車相場では考えられない異常な事態を生む場合がありますが、 

しかし、売却した後では、その違いを比べる事が出来ないので、一般の人の耳に入る事はほとんどありません。

その異常事態の真相を知っている業者のみが、そのギャップで大儲けしている・・・という実態があります。 

 例えば、次のようなエピソードは、車の業界の裏側で日常的に起こっている事です。

  1. 何十万kmも走行した、見た目もボロボロのハイエース、国内の基準で言えば、誰がどう見ても廃車です。そのハイエースの所有者も「処分に困るだろう」と予想していました。
  2. 新車のディーラーが、それを”いやいや”0円で引き取りました。
  3. 数日後、ディーラーは引き取ったハイエースを業者同士のオークションにかけました。
  4. すると、輸出業者は、それを45万円で落札しました
  5. ディーラーはいやいや引き取ったハイエースをちょっと移動しただけで、45万円儲けました。

残念ながら、ディーラーは、「あなたから0円で引き取ったハイエースが45万円で売れましたよ」

なんて教えてくれません。ですから、こんな事態が起こっていても、一般の人は知る由もないのです。

しかし、一口にハイエースと言っても、なんでもかんでも、輸出されるわけではありませんし、そもそも輸出業者に売れと言われても、身の回りに輸出業者などいないでしょう。

 それらの点について、詳しく説明するために、本日は、200系のハイエースに特化して、その最適な売却先を紹介していきたいと思います。

 

ハイエースは輸出業者に売れば良いと聞いたことがあるが・・・・

 

上にも書いたように、世界でナンバー1の人気を誇るハイエースと言えど、なんでもかんでも輸出されるわけではありません。

 あなた自身も、ハイエースを所有しているように、ハイエースは国内でも圧倒的な人気を誇る車です。特に200系のハイエースの場合、国内向きなのか、海外向きなのか、かなり細かく分類が必要となります。

ハイエース・ディーゼル、2WD(型式KDH201VまたはKDH200V、KDH201K、KDH211K,KDH221K)の場合

①グレード:スーパーGL

6年落ち未満で、なおかつ走行距離が、15万km以下の場合は、ほとんどが国内向けとなります。ただし、修復歴(過去にフレーム波及するダメージを受けた事のある車)があった場合、価格が下がる分だけ、年式によっては一部海外への需要もあります。

7年落ち以上で、かつ15万km以下の距離の場合、あるいは年式によらず、距離が15万km~25万kmの場合、国内需要、海外需要がほぼ均衡しますので、修復歴の有無や、※ボディーのダメージの具合により分かれる傾向にあります。

 25万km以上の場合は、海外需要が強くなります

②グレード:DX(DX-GLパッケージ)

年式が6年未満で、走行距離が、10万km以下の場合は、ほとんどが国内向けとなります。

年式が7年落ち以上で10万km以下あるいは、年式に関わらず走行距離が10万km~20万kmの場合、国内需要と海外需要が均衡しますので、修復歴の有無や、※ボディーのダメージの具合により分かれる傾向にあります。

20万km以上の場合は海外需要が強くなります

また、トランスミッションがマニュアルの場合は、年式が6年落ち以上または走行距離が10万km以上であれば、かなり輸出向きの車両という傾向が強いです。

 

ハイエース・ディーゼル、4WD(型式KDH206VまたはKDH205V、KDH206K、KDH225K)の場合

①グレード:スーパーGL

10年落ち未満で、なおかつ走行距離が、15万km以下の場合は、ほとんどが国内向けとなります。ただし、修復歴(過去にフレーム波及するダメージを受けた事のある車)があった場合、価格が下がる分だけ、年式によっては一部海外への需要もあります。

10年落ち以上で、かつ15万km以下の距離の場合、あるいは年式によらず、距離が15万km~25万kmの場合、国内需要、海外需要がほぼ均衡しますので、修復歴の有無や、※ボディーのダメージの具合により分かれる傾向にあります。

 25万km以上の場合は、海外需要が強くなります

②グレード:DX(DX-GLパッケージ)

年式が6年未満で、走行距離が、10万km以下の場合は、ほとんどが国内向けとなります。

年式が7年落ち以上で10万km以下あるいは、年式に関わらず走行距離が10万km~20万kmの場合、国内需要と海外需要が均衡しますので、修復歴の有無や、※ボディーのダメージの具合により分かれる傾向にあります。

20万km以上の場合は海外需要が強くなります

また、トランスミッションがマニュアルの場合は、年式が6年落ち以上または走行距離が10万km以上であれば、かなり輸出向きの車両という傾向が強いです。

 

ハイエース・ガソリン(全型式 = ハイエースワゴンも含む)の場合

①グレード:スーパーGL

6年落ち未満で、なおかつ走行距離が、15万km以下の場合は、ほとんどが国内向けとなります。ただし、修復歴(過去にフレーム波及するダメージを受けた事のある車)があった場合、価格が下がる分だけ、年式によっては一部海外への需要もあります。

7年落ち以上で、かつ15万km以下の距離の場合、あるいは年式によらず、距離が15万km~20万kmの場合、国内需要、海外需要がほぼ均衡しますので、修復歴の有無や、※ボディーのダメージの具合により分かれる傾向にあります。

 20万km以上の場合は、海外需要が強くなります。

②グレード:DX(DX-GLパッケージ)

年式が6年未満で、走行距離が、10万km以下の場合は、ほとんどが国内向けとなります。

年式が7年落ち以上で10万km以下あるいは、年式に関わらず走行距離が10万km~15万kmの場合、国内需要と海外需要が均衡しますので、修復歴の有無や、※ボディーのダメージの具合により分かれる傾向にあります。

15万km以上の場合は海外需要が強くなります。

 

輸出向きのハイエース(年式、距離以外の基準)

ここまでは、年式と走行距離で大まかに輸出向きの車両と国内向きの車両に分けてきました。

しかし、現実は、単純に年式や走行距離で分かれるという程単純ではありません。

 他にも、

  • 修復歴の有無
  • 傷や凹みの有無
  • グレード

の程度により、海外向き、国内向きが左右される事もあります。

一般的には、

  • 修復歴が無い
  • 傷凹みが少ない
  • グレードの高い車種

は、国内向きと言っていいと思います。

逆に

  • 修復歴がある
  • 傷凹みが多い
  • グレードの低い車種

は海外向きと言っていいでしょう。

要するに、新車に状態が近ければ近い程、国内向きの中古車という事ができます。逆に、古くなればなるほど海外向きになると考えて差支えありません。

 

国内向けのハイエースのベストな売却方法は?

国内向けのハイエースの場合は、細かい傷や、凹み、修復歴等の有無などにより、金額が大きく左右されることになります。

 そのため、実際に車をプロの査定士に見せないと、名一杯の金額を付けてもらう事はできません。

 

 しかしながら、プロの査定士は、同時に交渉のプロでもあります。

 

何も準備をせずに、安易に車を買取店に持って行ってしまっては、彼らの術中にはまってしまい、

ベストの金額には程遠い金額で売却させられてしまう事がこの業界の日常です。

(逆に、業者側はそうしないと、利益が出ず、商売が成り立ちません。)

 

「交渉と言われても・・・、車売るなんて初めての経験だし・・・」

という方は、「車買取店の尻の毛まで抜いてしまう交渉術とは?」

という記事をご一読ください。これを読むだけでもブローカーレベルの交渉力が手に入ります。

 

 基本的には、どの業者に売ろうが、限界の買取価格は同じです。

何故同じ金額になるかと言えば、車の買取業者の相場の指標が、

全て業者オークションの相場になるからです。

 

 ただ、利益のとり方にも違いが出てくる可能性もありますので、一応おすすめ順を書いておきます。

  • 車が新車に近く、また、新たに新車への乗り換えを考えている場合は、新車のディーラーもおすすめです。新車の値引きの代わりに下取り車の値上げ交渉をしっかりとすることも必須です。
  • 中古車への乗り換えの場合は、中古車ディーラーの下取りもありですね。ただし、極端に安くなる可能性もありますので、あくまで相見積もりや、交渉次第です。
  • 乗り換えでない場合は、中古ハイエースバンの専門店(販売店)に売却をお勧めします。(ただし、相見積もりや交渉は必須)
  • 乗り換えでなく、近くにハイエースの専門店がなければ、どこでもいいので、買取専門店を複数相見積もりを取りましょう。(ただし即決は厳禁です)
  • どうしても、複数の買取店に店に行くことが面倒な場合、一括査定という方法もありますが、あまりお勧めしません。(お勧めしない理由は、こちらです。)

 

輸出向けのハイエースの場合のベストな売却方法とは?

実は、国内には、輸出業者は沢山あります。大手の輸出業者から個人でやっている業者まで、

その数、少なくとも国内に1000社以上あります。

 

 しかし、ほとんどの人は、どこで営業しているのか、ほとんど知りません。

何故なら、彼らのほとんどは、仕入れは業者オークションで行うため、国内での車の買取を大々的にはしていないからです。

 

 もし、あなたが、あまり大々的ではなくても、買取をしている輸出業者を知っているのなら、

まずは、概算でもいいので、あなたのハイエースの買取金額を聞いてみましょう。

 

 まともな輸出業者であれば、実際の車を見せなくても、ある程度の情報を電話で伝えれば、概算の金額を提示してくれるはずです。

もし、そこで「実際の車をみないと、およその金額も出せない」という業者なら、

恐らく、”直接交渉で安く買いたたこう”としている業者ですので、避けた方がいいかもしれません。

 

 弊社は、数少ない、国内で直接買取をしている輸出業者です。

ハイエースの買取に特化し、さらにインターネットで集客することで、直接の買取を実現しています。

こちらが、弊社のWEBページとなります。↓

 

全国どこからでも、電話やページ内のフォームから、概算の査定金額をご提示させていただいております。

もし、ご自身のハイエースの概算査定をご希望の場合は、

下記フォームより、お問合せください。

お名前 (必須)

地域 (必須) 例:大阪府 吹田市

メールアドレス (必須)

車種名 (必須) 選択してください

グレード(バンの場合) (必須)選択してください

グレード(バンの場合) (必須)選択してください

グレード(ワゴンの場合) (必須)選択してください

型式がわかりますか? (必須)選択してください。

型式(必須)

燃料の種類(必須)

駆動方式(必須)

年式(初年度登録)(必須) 例:H8年

走行距離 (必須) 例:約19万km

車検期限 (必須) 例:H28年9月

トランスミッション(必須)

スライドドアについて(必須)

荷室のタイヤハウスについて(必須)

車体色 (必須) 例:白

車の状態

その他

電話番号(任意です。メールが届かない場合等にのみ電話で連絡させていただきます。

 

ABOUTこの記事をかいた人

略歴:青年海外協力隊員(ドミニカ共和国)を経て、大阪府の高校教諭(数学)になる。7年間教師を務める。その後一念発起し、教師を退職。そして現在の「輸出用の車買取専門店 車両輸出代行センター」を立ち上げ、現在にいたる。日本の車を必要としている主に途上国の人々に届けるため、日々このブログを更新している。