4ナンバーの4個のメリットと2個のデメリットについて

4ナンバーメリットデメリット

4ナンバー登録には、”維持費が安くなる”という多大なメリットがあります。

 

しかし、ただ安くなるだけなら、世の中の車は4ナンバーだらけになるでしょう。

 もちろん、4ナンバーにする事によるデメリットもあります。

 

今回は、そんな4ナンバーのメリットとデメリットをまとめてみました。

4ナンバーの車の最大のメリット=「維持費が安くなる」 について

冒頭に「4ナンバー車は維持費が安くなる」と書きましたが、

具体的に言えば、自動車税重量税が安くなります。

その1 4ナンバーの自動車税はどれぐらい安いのか?

車の維持費の中でも、かなりの割合を占めているのが自動車税です。

 4ナンバー登録のメリットで、いの一番に言われている事がこの自動車税の安さです。

4ナンバーの車が、同条件の5ナンバーの普通乗用車と自動車税で、どれくらい安くなるか検証してみます。

(例1)プロボックスの条件を想定

  • 排気量 1500cc
  • 乗車定員 5名
  • 最大積載量 400kg以下 の場合
  • 初年度登録から13年未満

(例2)ハイエースバン(スーパーGL、ディーゼル)の条件を想定

  • 排気量 3000cc
  • 乗車定員 5名
  • 最大積載量 850kg以下
  • 初年度登録から13年未満

5ナンバーと4ナンバーの自動車税の差額

1年分自動車税額表  5ナンバー 4ナンバー 差額
(例1)の条件 34500円 14300円 20200円
(例2)の条件 51000円 16000円 35000円

排気量や積載量によってことなりますが、

 毎年2万円~3万5千円程度の違いが出る事がわかります。

4ナンバーの重量税はどれぐらい安いのか?

例えば、自家用の5ナンバーの車と4ナンバーの車の、1年分の重量税を比較してみます。(※エコカ―減免適用なし、登録13年未満の車両とします。)

5ナンバー車は、車両重量で、4ナンバ―車は車両総重量で重量税が決まります。

車両重量 3.5ナンバー車
0.5t以下 4,100円
0.5t~1t以下 8,200円
1t~1.5t以下 12,300円
1.5t~2t以下 16,400円
2t~2.5t以下 20,500円
2.5t~3t以下 24,600円
車両総重量 4ナンバー車
1t以下 3,300円
1t~2t以下 6,600円
2t~2.5t以下 9,900円
2.5t~3t以下 12,300円 
3t~4t以下 16,400円 

自動車税の時と同様に、下記(例1)と(例2)の条件で、重量税を比較してみます。

(例1)プロボックス(2WD)の条件を想定

  • 車両重量 1090kg
  • 車両総重量 1615kg
  • 初年度登録から13年未満

(例2)ハイエースバン(スーパーGL、ガソリン)の条件を想定

  • 車両重量 1770kg
  • 車両総重量 2895kg
  • 初年度登録から13年未満

 

1年分重量税額表  3.5ナンバー 4ナンバー 差額
(例1)の条件 12300円 6600円 5700円
(例2)の条件 16400円 12300円 4100円

車によっては全く差が出ないケースもありますが、 

 平均的に年間5000円程度、4ナンバー車の重量税が安くなるようです。

4ナンバー車で2年間あたりの安くなる税金のトータル

 5ナンバーであれば、2年に一回車検がきます。もし、4ナンバー車に変えた場合、2年間で維持費がどれほど安くなるか、上記の結果を元にまとめると・・・

  • 2年間で、自動車税が4万円~7万円程安くなる
  • 2年間で、重量税が1万円程度安くなる

つまり

 2年間で税金がトータルで5万円~8万円程安くなる

という結論になりますね。

以外と知られていないもうひとつのメリット

 そもそも、構造変更しないでも、4ナンバー登録できる車は、製造段階から、重い荷物を輸送したりするために、足回りが頑丈に作られている事がほとんどです。

 例えば、100系のハイエースでは、4ナンバー(1ナンバー)のバンは、3ナンバーのワゴンと違い、足回りに、コイルスプリングではなく、板バネを使用しています。

 乗用車の寿命は10万kmとか15万kmと言われていますが、

4ナンバー車のバンの場合、20万km~30万km程度であれば、足回りにガタがくることがなく、

 全体として、車の寿命が非常に長くなる事が特徴です。

 

そのため、少しでも古かったり、過走行になったハイエースのバンなどは、海外でも異常なまでの人気を誇っています。

 つまり、乗用車と比較すると、意外にも4ナンバーの商用車の方がリセールバリュー(再販価値)が高くなる事があります。

 そのため、低年式・過走行になった商用バンは、輸出業者に直接売れば思いもよらない金額で売れる事もあります。(※ディーラーの下取りや、普通の車屋さんに売った場合、乗用車と同様またはそれ以下の金額になる事はあります)

 輸出で人気のある車と、買取をしている輸出業者の情報はこちらで確認してください。

4ナンバー車のデメリット

 メリットだけであれば、世の中の4ナンバー車の割合いはもっともっと増えているでしょう。

しかしながら、4ナンバー車にも、デメリットはあります。それは・・・

4ナンバー最大のデメリット=毎年車検について

 5ナンバー(乗用車)であれば、車検は2年に一回ですね(初回のみ3年)。

しかし、4ナンバー(貨物車)は、毎年車検になります。

 

 そのため、4ナンバーの車の場合、車検手数料が一回分余計にかかる事になります。

 

ユーザー車検等、自分で車検を通す場合は、数千円の負担ですが、業者にお願いする場合は、車検手数料で一回あたり、おおよそ25000円前後の手数料がかかってしまいます。

 また、自賠責保険も、12カ月の短期契約となるため、若干割高になります。

 では、2年間でかかる、印紙代等も含めた車検に係る手数料等を比較してみます。

  自賠責保険料 印紙代 車検業者手数料※ 合計
4ナンバー(2年分)

17,270×2

=34,540円

1,700円×2

=3,400円

25,000円×2

=50,000円

87,940円

5ナンバー(2年分) 27,840円 17,000円 25,000円 69,840円

 (※業者の車検手数料を25,000円と仮定しています。)

つまり、2年間の合計で、87,940-69,840=18,100円ほど4ナンバー車が高くなる事になります。

 それでも、費用面だけを見れば、メリットで書いたように、税金が安くなる分を差し引きすると、

2年間で、4ナンバー車の維持費は、3万~6万円程安くなる事がわかります。

 

 また、毎年車検で業者に整備を依頼しているので、その分4ナンバーの車の方がメンテナンスがしっかりできて、長持ちしやすいというメリットがあります。

 それでは、4ナンバーのメリットとデメリットをまとめてみます。

4ナンバーの4つのメリットと2つのデメリットのまとめ

メリット

  • 2年間で計算すると維持費が3万~6万円程安くなる
  • 元々4ナンバー用の商用車は足回りが頑丈で長持ちする
  • そのため、海外での人気が高い車が多く、再販価値が高い(輸出業者に売った場合)
  • 車検の回数が多いため、コンディションが悪くなりにくい

デメリット

  • 毎年の車検が面倒になる。
  • 元々4ナンバーの商用車は、登録条件に合わせるため、乗り心地は良くない

 おまけ~5ナンバーの車を4ナンバーに登録する構造変更にするメリットはあるの??

税金が安くなるという理由で、5ナンバー車を構造変更して、4ナンバー登録したいという需要は結構あります。

 しかし、元々5ナンバーの乗用車には、今回紹介したメリットすべてが当てはまるわけではありません。特に、再販価値は、構造変更によって、改造車扱いとなり、元々の価値よりも、さらに下がる事になります。

よく、ハイエースのワゴンの後部座席を取り払って、4ナンバー登録している車を見ますが、元々バンよりもワゴンの方が買取相場が安い上、構造変更によって、さらに値段が下がります。ハイエースを4ナンバー登録するなら、初めから、バンを買う事を強くおすすめします。

 そもそも、車種によっては、税金もあまり差が付かない場合もあるため、構造変更に係る作業工賃を考えると、ほとんどメリットがない場合もあります。

 さらに、車検も毎年車検となるため非常に面倒になります。

 

5ナンバーから4ナンバーへの構造変更については、具体的に税金がいくら安くなって、それを実現するには、どれくらいの費用が掛かるのか?なるべく慎重に考えた方がいいでしょう。

 私個人の意見としては、あまりおすすめをしないというのが結論です。