【4ナンバー車検】期間と費用のまとめ

4ナンバーのデメリットでもある車検期間について、また、車検にかかる費用はどの程度のものなのでしょうか?

 乗用車に比べ、維持費は安くなるのでしょうか?

そんな疑問を解決するため、4ナンバーの車検に関して徹底的に調べてみました。

4ナンバー車の車検の有効期間について

普通車の場合

(自家用=白ナンバー)

新車登録時 2年間
それ以降の車検 1年間

自家用の場合、新車登録から最初の車検までは2年間あります。以後は毎年車検となります。

(事業用=緑ナンバー)

新車登録時 1年間
それ以降の車検 1年間

事業用の場合、新車登録時、その他を問わず常に毎年車検となります。

軽自動車の場合(自家用、事業用問わず)

新車登録時 2年間
それ以降の車検 2年間

軽自動車の4ナンバーの場合、新車登録時、その他を問わず常に2年おきの車検となります。

4ナンバーの車検費用について

車検時に係る費用の内訳は以下のとおりです。

車検費用内訳 費用 費用の種類
①車検基本料(整備業者への手数料) 1.5万~3万円程度 業者によって異なる
②各部品の修理・交換費用(工賃含む) 部品交換費用
③重量税 重量税の表へ どの業者でも同じ
④自賠責保険料 自賠責料金表へ
⑤印紙代 1700円

 

①~⑤のそれぞれの費用について、解説していきます。

①車検基本料

平たく言えば、業者に支払う車検にかかる手数料です。

車検ごとに必要になるため、毎年車検であれば、この料金が毎年かかります。

業者の種類 車検基本料の目安
ディーラー 4~6万円程度
車検専門業者 2~5万円程度
民間整備工場 2~4万円程度
カー用品車検 2~4万円程度
ガソリンスタンド 2~4万円程度
ユーザー車検代行 1~3万円程度
ユーザー車検 無料

 計算上は、この金額が一番安ければ、車検費用が抑えられる事になるはずですが、実際はそうでもありません。

なぜなら、車検基本料を極端に安くしているような場合、②の修理交換費用でガッポリ取り返す。という業者も中にはあります。

②各部品の修理・交換費用(工賃含む)

車検時に交換になりやすい消耗部品一覧

消耗部品名 交換時期目安 交換費用(工賃含む)目安
エンジンオイル 走行5千キロ毎 4,000~6,000円
オイルフィルター 走行1万キロ毎 2,000~4,000円
冷却水 走行3万キロ毎 5,000~8,000円
ブレーキオイル 走行3万キロ毎 4,000~10,000円
ミッションオイル 走行5万キロ毎 4,000~10,000円
デフオイル 走行3万キロ毎 4,000~10,000円
バッテリー 2~3年に一回 10,000~30,000円
エアクリーナー 走行5万キロ毎 3,000~10,000円
ブレーキパッド 減り方を常時チェック 15,000~25,000円(4輪全て)
タイヤ 走行5万キロ毎 20,000~50,000円(4輪全て)
スパークプラグ 2~3年に一回 5,000~10,000円
ワイパーブレードゴム 2年に一回程度 2,000~4,000円

その他、消耗品とは言えませんが、長くのると交換が必要になるもの

部品名 寿命 交換費用
ドライブシャフトブーツ 走行5万~15万km 10,000円~30,000円
タイミングベルト 走行10万~15万km 20,000円~50,000円

③重量税(1年分)

車両総重量※ 自家用 事業用
1t以下 4400円 2800円
1t~2t以下 8800円 5600円
2t~2.5t以下 13200円 8400円
2.5t~3t以下 18900円 8400円
3t~4t以下 25200円 11200円
4t~5t以下 31500円 14000円

※車両総重量=車両重量+乗車定員×55kg+最大積載量

↑車検証に記載しています。

④自賠責保険料

 

⑤印紙代

継続検査の場合

通常の車検の場合です。車検期間が満了した後、引き続きその車を使用する場合の検査ですね。

指定工場 1,100円
認証工場・ユーザー車検 1,700円

 

新規検査の場合

新車登録時または、一旦使用を中止した車を再び検査を受けて使用するときの検査です。

指定工場 1,100円
認証工場・ユーザー車検 2,000円

 

構造変更検査の場合

構造変更をし、4ナンバーに初めて登録する場合等の場合です。

指定工場 2,000円
認証工場・ユーザー車検 2,000円

 

実例集4ナンバー車の車検費用

車検基本料を25000円として、具体的な車で車検費用を見積もってみます。

ハイエースバン(毎年車検)

例)※ハイエース・ディーゼル・スーパーGL(自家用) を認証工場に車検を依頼した場合。

費用項目 費用(1年分
車検基本料 25000円
重量税(3t-4t) 25200円
自賠責(1年分) 17270円
印紙代 1700円
修理・交換費用 ?円
合計 69170円+修理交換費用

※ハイエースバンは標準ボディー(ロング)のみ4ナンバー登録可能です。ワイド・ハイルーフは1ナンバーとなります。

軽トラック(2年毎車検)

例)軽トラック(自家用)を認証工場に車検を依頼した場合

費用項目 費用(2年分
車検基本料 25000円
重量税(1t-2t) 17600円
自賠責(2年分) 26370円
印紙代 1700円
修理・交換費用 ?円
合計 70670円+修理交換費用

最後に・・・

4ナンバー車は、維持費、特に自動車税が安くなるという大きなメリットがあります。半面、車検が毎年などのデメリットもあります。

 しかし、ここで、仕事用の車として4ナンバー車を乗り倒す予定のあなたに是非伝えたい事があります。

実は、4ナンバーの商用系の車の多くは、海外で人気の車が非常に多いです。

特にハイエースバンなどは、何十万km乗ったとしても絶対に廃車にしてはいけない、再販価値が非常に高い車ですので、売るときの事を考えれば、大変おすすめです。

 是非ご参考にしていただければと思います。

今乗っているハイエースを廃車したり、下取りに出そうとしていませんか?

ハイエースは特別な車です。
なぜなら海外で最も人気のある車だからです。
そんなハイエースを廃車したり、下取りに出すと大損する事になります。
あなたがもし、ハイエースの廃車や下取りを検討しているならこの記事を一度読んでみてください。

あなたが下取りに出そうとしている車は下記に該当しませんか?

  • 2000cc以下のトヨタ車全般
  • 古めのトヨタのワンボックス
  • オフロード系の四駆
  • ハイエースバン、その他マニュアルの商用系バン
  • 古い2トン以下の平ボディーのトラック、ダンプ
  • マイクロバス
  • 古めのスポーツカー(マニュアルのもの)
  • 左ハンドルの車
  • 2000ccクラスのベンツ、BMW(セダン)

実は、下取りで引き取られる上記のような車の多くは、転売、転売を経て、最終的に中古車として海外へ輸出されています。

 このように輸出される車は、国内お中古車としては、需要がほとんどない上に、輸出業者にわたるまでの転売手数料ががさむため、一般の下取り(買取)ではほとんど値段がつかないケースや場合によっては、処分料を請求されるケースも多いです。

 弊社、車両輸出代行センターは、そのような輸出用の車を専門に直接買取、直接輸出をしている中古車輸出業です。

 上記のような車両の下取り、買取をご検討されている方は、下記ボタンより、

海外人気車種の一覧

 をご確認の上、メールによる概算査定(電話番号は任意です)のお問合せいただければ幸いです。

 

ABOUTこの記事をかいた人

山本 剛

略歴:青年海外協力隊員(ドミニカ共和国)を経て、大阪府の高校教諭(数学)になる。7年間教師を務める。その後一念発起し、教師を退職。そして現在の「輸出用の車買取専門店 車両輸出代行センター」を立ち上げ、現在にいたる。日本の車を必要としている主に途上国の人々に届けるため、日々このブログを更新している。