ブログの更新頻度はSEO的にほとんど影響がないことを証明したよ!

ブログを運営している人で

長い休み=ブログを書かない日

が続いても、ストレスにならない なんて人は少ないと思います。

 

 特にSNSを中心にアクセスを集めているブロガーにとっては、

定期的なブログの更新は、ブログそのものの生命線と言っても過言ではないでしょう。

 

 実際、しばらく更新できない日が続くと明らかにアクセスが落ちてきます。

そして、それがさらなるストレスとして、悪循環を起こします。

 

 では、SEO的な観点で、ブログの更新頻度は、検索の順位に影響を与えるのでしょうか??

別に狙って実験をしたわけではありませんが、

当ブログ(ダイレクトストック)の平成26年12月の更新状況がとても分かりやすい実験(結果)となったので、せっかくなので記事にしてみました。

当ブログのアクセスについて

当ブログ=ダイレクトストック(旧 買取潜入ルポ)のアクセスの流入元ですが、

%e6%a4%9c%e7%b4%a2%e3%81%8b%e3%82%89%e3%81%ae%e6%b5%81%e5%85%a5

ご覧のように、9割が検索からの流入となっています。

また、残り1割も、directとなっておりますので、恐らく検索ユーザーのブックマーク等による読み返しと想像できます。

referral はほとんどがリファラースパム、Socialは1%にも満たないレベルです。

 というわけで、アクセスの元はほぼ検索のみという状況ですね。

 

つまり、PV数の変化は、検索順位の上下でほぼ決まるというサイトであるという事をはじめにご説明しておきます。

 

 では次にこの一か月のPVの変化を見ていきましょう。

 

この一か月間のPVの変化

%e4%b8%80%e3%81%8b%e6%9c%88%e3%81%aepv%e5%a4%89%e5%8c%96

本日(H29年1月5日)からさかのぼる事、一か月前の平成28年12月5日の一日当たりのpvは4905pvとなっていました。

 そして、昨日のPVが・・・・やったぜ!!過去最高pv5554pv

で、この一か月の更新状況は??

%e4%b8%80%e3%81%8b%e6%9c%88%e3%81%aepv%e5%a4%89%e5%8c%96%e3%81%a8%e6%9b%b4%e6%96%b0%e7%8a%b6%e6%b3%81

 上の図を見てもらえば一目瞭然ですが、

12月5日から12月13日までの8日間で、5記事を更新しました。

 

 28年中に、5000PVを突破したくて、12月前半は今までにない頻度で記事をアップしました。

しかし、努力の甲斐むなしく、まったくPVは上がらず・・・・逆にちょっと下がり傾向⤵

 

 そして、12月中旬になり、下の娘の保育園が冬休みに入り、強制的に私のブログも冬休みに入りました。

そして、今日まで一切更新せず放置していたら・・・

 

 なんと昨日は念願の5000pVを突破!!

なんじゃそら~~~

 

 まあ原因は、年末年始に、急速に落ち込んだPVの反動と予想します。

実際、当サイトで狙っている主要なキーワードの検索順位はほとんど変化がありませんでした。(下図を参照)

%e4%b8%bb%e8%a6%81%e3%82%ad%e3%83%bc%e3%83%af%e3%83%bc%e3%83%89%e3%81%a8%e6%a4%9c%e7%b4%a2%e9%a0%86%e4%bd%8d

ブログの更新頻度のSEO(検索順位)への影響実験 結論は!??

今回の実験結果より、

ブログの更新頻度はSEO的にほとんど影響がないことがわかりました。

 

 実際他サイトでも、一か月に一度ぐらいの記事更新頻度であれば、検索順位にほとんど影響がないと書かれています。

ただし、放置期間が半年とか一年というレベルになってくると、Googleからの信用は落ちて、検索順位に大きく影響を受けるといわれていますので注意が必要です。

 

SEO(検索順位)を追い求めるなら、絶対に量より質!!

ひと昔前は、ブログの更新頻度が検索順位に大きく影響していた時代もありました。

 しかし、近年、Googleのアルゴリズムも進化してきており、

「更新頻度はあまり影響がなくなった」と囁かれるようになっています。

 

 今回の実験で少なくとも私はそれを確信することができました。

 

Googleがアルゴリズムを進化させる究極の目的は

検索ユーザーに最大の利益があること

であることを踏まえると、

 

 ブロガーが毎日ブログを更新する事は、検索ユーザーに利益をもたらすかどうか

考えてみれば、簡単な結論ですよね??

 

記事数を目標にするだけではダメ!

 「3か月で100記事」

というような目標を掲げるブロガーは多いですね。

 

 記事の数は重要です。いくら質の良い記事を書いても、1記事、2記事では、バズでも起こさない限りは、なかなかそのブログを見に来てくれません。

 だれも見に来なければ、当然検索順位も上がりません。

 

 

しかし、残念ながら、記事数が多ければ、現在はGoogleの評価が上がる時代ではありません。 

 

 3か月で100記事というと、毎日記事を更新するという事になります。

人にもよると思いますが、1日1記事という書き方は、かなりしんどいです。私は無理ですね。

 

当サイトでは、1記事書くのに、準備も含めると、概ね2日間ぐらいはかけて書いています。

 

 12月の前半に更新した5記事は、実験のため、1日1記事ペースで更新しました。

結果思っていたような成果は上がりませんでした。

 

当サイトで実施しているSEO対策とは??

 

 「SEO対策」と検索すると、いろんな記事が出てきますね。

「SEOで意識すべき20個の事!!」みたいな見出しが多いですよね。

 

男性ホルモンの多い私の場合、女性のように、脳がマルチタスクではありません。

 

だから

10個とか20個とかの事を同時に意識しながら記事を書くというのは至難の業です。

 

 単細胞生物である僕の場合、次の事だけを意識して記事を書いています。 

それは、

 「狙ったキーワードで今現在1位表示されている記事よりも、検索ユーザーにとって、いい記事を書く事」

実際、私の場合、それだけの意識で、多くの狙ったキーワードで上位を獲得できています。

 

「当たり前の事を偉そうに言うな!」 

という声が聞こえてきそうですが、

 

 それだけを意識するという事は、逆に案外難しい事かもしれませんよ。

 

また、付け加えると、現在1位の記事よりも、(検索ユーザーにとって)いい記事が書けそうにない場合、そのキーワードを狙った記事は書かないようにしています。

 なんせ時間がもったいないので・・・

 そういう意味で、私自身、勝てそうなキーワードを探す事には、かなり時間を割いています。

 

本日のまとめ

書いているうちに、SEOコンサルタントのような記事になってしまいましたが、一車買取屋の記事ですので、ご容赦ください。

まとめます!

 「ブログは、量より質を意識して書こう!!」

以上 

 

今乗っているハイエースを廃車したり、下取りに出そうとしていませんか?

ハイエースは特別な車です。
なぜなら海外で最も人気のある車だからです。
そんなハイエースを廃車したり、下取りに出すと大損する事になります。
あなたがもし、ハイエースの廃車や下取りを検討しているならこの記事を一度読んでみてください。

絶対カモにならない唯一の方法(すでに一つ以上の会社で見積もりを取った人限定)

ここまで長い文章を読んでいただきありがとうございます。

 まずは、ここまで書いたことをしっかり踏まえて、車の下取りの見積もりを取ってみてください。

しかし、すでに買取業界の裏側を覗いてしまったあなたは、今度は逆に疑い過ぎて、なかなか売却に踏み切れないという症状に陥るかもしれません。

 そこで、当サイトでは、あなたがもらった下取りや買取の見積もりが適正な価格なのか、あるいは、実はその車が輸出用で、弊社で査定した場合、圧倒的に高い金額で査定できる車なのか、を判断させていただくサービスを提供することにしました。

 恐らくそのようなサービスが提供できるのは、日本全国で弊社だけだと思います。

何故なら、普通の買取業者では、基本的にどの車も欲しいので、お客さんからもらった情報は自社で何とか買取につなげようとしてしまいます。

 弊社は、「輸出用の車の買取専門店」ですので、本当に必要な車はごく一部の車種に限られます。

しかも、弊社の店舗のある大阪周辺ならともかく、離れた地域の場合、実際の車を見る事ができないため、

 輸出向きでない国内向きの中古車の場合、値段を数十万円上下させてしまう「修復歴」の確認ができず、値段の付けようがありません。(※ちなみに輸出用の車の場合、修復歴は査定価格にほとんど影響しません。)

 しかし、すでに一度業者に見せて「修復歴の有無」等がはっきりしている車の査定価格が適正かどうかは、第三者である弊社が最も適切に判断できると確信があります。

 また、もし仮にその車が輸出向きの車両であれば、輸出業者の直接買取の査定額を提示することも可能です。

 

ご自身の車の査定価格が適正かどうかをお知りになりたい場合は、下記フォームより、お問合せください。

※電話での問い合わせはご遠慮ください。メールのみの対応となります。

お名前 (必須)

地域 (必須) 例:大阪府 吹田市

メールアドレス (必須)

すでに取得している買取見積もり額 (必須)

メーカー (必須) 選択してください

車種名(トヨタ車の場合) (必須) 選択してください

車種名 (必須) 例:エクストレイル

型式はわかりますか? (必須)選択してください。
分かる今は分からない

型式(必須)

燃料の種類(必須)

駆動方式(必須)

排気量(必須)

グレード(必須) ※不明の場合は「不明」と記載ください

年式(初年度登録)(必須) 例:H8年

走行距離 (必須) 例:約19万km

車検期限 (必須) 例:H28年9月

トランスミッション(必須)

スライドドアについて(必須)

荷室のタイヤハウスについて(必須)

過去のボディーの板金または交換歴の有無(必須)
あり無し不明

板金交換歴の詳細(必須) 例:左フロントフェンダー、フロントバンパー交換

警告灯点灯の有無(必須)
あり無し

警告灯点灯の詳細(必須) 例:エンジンチェックランプ点灯

電気系統の不良等の有無(必須)
あり無し

電気系統不良の詳細(必須) 例:オーディオ不良 右パワーウィンドウ故障等々

機関類の不良の有無(必須) エンジン、トランスミッション、ラジエーター、その他の機関類の不良の有無について
あり無し

機関類の不良の有無の詳細(必須) 例:エンジン異音あり 排気白煙あり ラジエーター水漏れあり 排気漏れあり等々

車体色 (必須) 例:白

ボディーの状況やその他不具合の有無
 目立つ凹みの有無(有る場合はその詳細)、サビや腐食の有無、冠水歴の有無当

その他

電話番号(任意です。メールが届かない場合等にのみ電話で連絡させていただきます。

あなたが下取りに出そうとしている車は下記に該当しませんか?

  • 2000cc以下のトヨタ車全般
  • 古めのトヨタのワンボックス
  • オフロード系の四駆
  • ハイエースバン、その他マニュアルの商用系バン
  • 古い2トン以下の平ボディーのトラック、ダンプ
  • マイクロバス
  • 古めのスポーツカー(マニュアルのもの)
  • 左ハンドルの車
  • 2000ccクラスのベンツ、BMW(セダン)

実は、下取りで引き取られる上記のような車の多くは、転売、転売を経て、最終的に中古車として海外へ輸出されています。

 このように輸出される車は、国内お中古車としては、需要がほとんどない上に、輸出業者にわたるまでの転売手数料ががさむため、一般の下取り(買取)ではほとんど値段がつかないケースや場合によっては、処分料を請求されるケースも多いです。

 弊社、車両輸出代行センターは、そのような輸出用の車を専門に直接買取、直接輸出をしている中古車輸出業です。

 上記のような車両の下取り、買取をご検討されている方は、下記ボタンより、

海外人気車種の一覧

 をご確認の上、メールによる概算査定(電話番号は任意です)のお問合せいただければ幸いです。