一括査定を使わずに車の査定額を限界まで釣り上げる方法

ブーイング

前回は「車一括査定とはピラニア巣食うアマゾン川に裸で飛び込むが如し」という記事で、一括査定に登録するデメリットとその危険性、さらに業者オークション相場という査定額の限界値についてふれました。

 では、今回はあなた自身が車の査定額を、いかにすれば限界値に近い値まで引き上げられるかを検証してみましょう。

そもそもなぜ一括査定ではダメなのか

booing-1前回記事の要約にもなりますが、なぜ一括査定ではダメなのか簡単に復習しておきましょう。

中古車市場にはオークション相場という絶対的な相場があります。

 中古車を扱う業者は、売るときも、買うときも、全てこのオークション相場を基準に自分達の利益を足したり引いたりして、価格を決定します。

 オークション相場は、車が一台あれば、どの業者のどの査定士がみても、ミスがない限りほぼ同じ金額になります。だから、一括査定で何十社競わせても、買取の限界額はどの業者もほとんど同じなので、あまり意味がありません。

 極端な話、2社を競わせるのも、100社を競わせるのもほとんど同じ事なのです。

その上、一括査定では、買取業者が一括査定業者に情報料を支払わなければならなくなります。その額は一つの車の情報あたり、約5万円。

 つまり一括査定を利用するとその時点で、この5万円分相当、車の価値は下がってしまうことになります。

さらに、一括査定に登録している業者しか、選べませんので、その中での最高額で売らざるを得なくなります。もちろん、それ以外の業者に売る事も可能ですが、一括査定の経由の業者はあなたの情報に相当なコストが発生しているので、簡単には逃がしてくれないでしょうね。

 また、電話を取らなかった業者も、電話で一社一社、はっきり断るまで半永久的にあなたの電話を鳴らし続けます。まるで借金の取り立て電話のように。このような理由から、一括査定に登録することには、慎重になった方がいい。と前回の記事は締めくくっています。

最高額を得るためには、まずは業者側の仕組みを丸裸に!

 0_small

オークション相場さえわかれば・・・

あなたの車にオークション相場という限界の絶対値があるのであれば、それがわかれば話は早い!

 だれもがそう思います。

 しかし、残念ながら仮に、あなたが、あなたの車のオークション相場を知ることが出来たら・・・そもそも中古車関連の業者は壊滅します。

 業者側にすれば、自分達の利益の仕組みが全て知られてしまうわけですから、残念ながら、一般の人がオークションの相場を知る事は基本的にできません。

 中古車業界では、オークションの存在自体を一般の人になるべく隠そうとしていますから、自分達の利益にもろに影響を与える相場の絶対値を教えることは、業界全体の最も重いタブーと言えます。

 これは、中古車売買の仕組みからして、誰も教えてくれないものと諦めた方がいいでしょうね。どうしても知りたければ車屋さんになる以外はありません。

ではどうすればいい?・・・プロの売買方式から学ぼう!

プロは相場を見ることができますが、あなたは絶対に見ることはできません。

 ならば、適正な値段で車を売るには、買取店側に、値段を釣り上げさせるしか方法はありません。

値段を釣り上げさせるには・・・・そう、”せり”ですね。auction

 市場の魚や野菜のような”定価”というものが存在しないものをプロ同志が取引する場合、必ず”せり”が行われますね?

だから定価のない中古車の世界でも、プロ同志の取引はオークションというセリ方式になっています。定価のないものをプロ同志が適切に取引するための最も合理的な方法だからです。

 プロ同志の取引においても、中古車の全体流通台数の90%以上がオークション経由で売買されている事を考えれば、これ以上の方法がない事はすでに証明済みであると言えるでしょう。

 一括査定もセリに近いイメージがあります。そういう意味では合理的なのですが、リスクとコストが高すぎるのが問題なのです。

あなた自身が”せり”を主催すればいい

 あなたは業者のオークションに参加はできません。でも、自分の車をセリにかけることは簡単です。

要するに、複数社に電話なり、訪問なりして、見積もりを競わせればいいんです。ただそれだけです。

 しかし、セリには適切な方法や、ルールが必要です。しかも、素人のあなたがプロを相手にするわけですから、失敗すると相手のいいようにされてしまいます。この方法・ルールの決め方次第で、あなたの車が限界値まで吊り上がるかどうかが大きく左右されます。

買取店の限界額をひきだすための方法とその際の注意点

大まかにわけて、二つの方法があります。

  1. 複数社(2社から4社程度)に電話をかけ、同じ時間に査定してもらい、その後セリをしてもらう。
  2. 複数社(2社から4社程度)に訪問し、車を見てもらう。その後電話で査定額を釣り上げていく。 

それぞれについて、メリット・デメリット・最適なルール見ていきましょう。

①複数社(2社から4社程度)に電話をかけ、同じ時間に査定してもらい、その後セリをしてもらう方法

手順 

買取店をピックアップし、電話をかけ、出張査定を依頼します。その際、「数社を一斉に呼んでセリで決めてもらうおうと思っています。」と丁寧に伝えてください。時間は必ずあなたが指定してください。2社でもいいですが、競争意識を持たせるには3社いれば十分でしょう。

 5社以上は呼ぶ必要はありません。面倒ですし、あまり意味がありませんので。

 この時点で、「時間指定はできません」「セリには参加しません」「別の時間ならいけます」等々相手が言うようなら、その業者が最高額を出す事はどの道ありませんので、気にせず、他社を当たりましょう。

「他に何社ぐらい来ますか?」と聞かれた場合は、正直に「最低2社から最高4社まで」です。と答えてください。出張査定という事は、出張費を業者に負担させることになります。

 業者側は常に「成約コスト」を確率で計算します。業者の数が増えすぎると、一社あたりの成約率が下がるため、その分成約コストが高くなる事になります。そういった意味でも、無駄に業者を呼びすぎると、あなたの車の価値がどんどん下がる事になるため、呼びすぎは百害あって一利なしです。

 

ポイント 

「数社一斉でセリを行う」と電話で伝えておくことで、業者は自分達の買取の限界額を用意せざる負えなくなります。業者に事前に心の準備をさせることがポイントです。恐らく電話の時点で、ある程度車の状態を聞いてくると思います。実はこの時点で、彼らは業者オークションの相場をざっくり予想することができるからです。

 また、もし「セリをする」ことを言っていないと、安く買えるかもしれないと思ってきた業者が、現場で他の業者と鉢合わせしたときに怒って帰ってしまう可能性があります。同業者からもよく聞く話ですが、業者がお帰る事は珍しくありません。気にしなければいい話かもしれまえせんが、少なからずあなたも動揺してしまうでしょうから、そういったトラブルはない方がいいでしょう。

 また、名刺の裏に値段を書いてもらい、最高額を出した業者で選ぶ方法(以降”入札”方式)もありますが、この方式の場合、業者側は心理戦で下値狙い勝負になる可能性が高いです。一か八かで安い金額を狙ってくることもあります。

cc-library010007945slky5

 メリット

一括査定とほぼ似ていますが、無駄なコストをかけさせていないので、一括査定にかかるコスト5万円分限界価格が上がります。また、意味もなく20社もの電話対応に追われることがないので、負担面からしても圧倒的に楽です。アポとり電話は、こっちから電話を掛けるか、電話がかかってくるかの違いなので、一括査定と何も変わりません。

 デメリット 

目の前で、セリをさせるというのは、なかなか精神的な負担があります。しかし、あと腐れのなさそうな入札方式を選択すると、業者の思うツボです。ここは強い気持ちで、セリ方式を選びましょう。

 また、複数社に出張査定をさせることになるので、その分成約コストをかけさせることになります。出張費という考え方は、業者によって異なりますが、基本的に車の価値に影響を与えるため、車の価値を下げることになりかねません。

②複数社(2社から4社程度)に訪問し、車を見てもらう。その後電話で査定額を釣り上げていく方法 

手順

ネットを使い、自分の家の近くにある買取店をピックアップしましょう。そして、まず電話をかけます。

「ネットで車の買取店を探して、御社に電話しました。2社から3社に絞って、見積もりを取ろうと思っています。いったん車を持って行って査定しもらい、その後電話で一番高い値段を付けたお店に売却しようとおもっています。納得いく金額がでるまでは、何度も電話します。」

と伝えましょう。

 「希望額はいくらですか?」「希望額に達したら即決してもらえますか?」と聞いてくる会社があると思いますが、「他の会社が、『うちはその金額はだせません』という金額が希望額です。だから即決は絶対にしません」とでも言っておきましょう。

 そして、それぞれの店で車を査定させて、その場では絶対に値段の交渉をせず、家に帰ってから、それぞれの店の担当者に電話で、値段を聞いて回ります。

 値段を聞く際は、一回目から「ベストな値段を出してください。」と伝えます。談合を避けるため、他の店舗の名前を言う必要はありません。

 一通り、価格を聞き終わったら、一番高い金額の店以外に「多店舗があなたのお店より高い金額を言っています。もうこれ以上査定額は上がりませんか?」と伝えます。そして、ベストな金額を尋ねます。

「最高額はいくらですか?」と聞かれても、具体的な数字は答える必要ありません。金額を言うと、それに最低限の金額を足した金額を言うばかりで、らちが明かないからです。常に「ベストな金額を提示してください」と伝える方がいいです。

 「もうこれ以上出せない」といった場合は「今のところ最高額は○○円ですが、無理ですか?」と聞きましょう。

1万円程度なら、出せるかもしれませんので。

 これを繰り返し、店側が「もう無理です。」というまで続けましょう。

ポイント 

間違えても、いきなり車を持って行ってはいけません。いきなり車を持ってくる客は、この業界においては「飛んで火にいる夏の虫」です。店側からすると、相見積もりを取らせずに、格安で車を売ってもらえる可能性のある 一番の極上客なのです。

 あなたは相見積もりをたくさん取るつもりでも、相手がそう判断してしまうと、その後の交渉に相当な悪影響を与えます。

 また、細かいですが、「インターネットを経由している」という事を伝えることも非常に大切です。買取という業種上、ネット経由のお客さんは、基本的に安く売ってくれないお客さんです。なぜなら、すでにネットの情報で買取の仕組みをある程度理解しているからです。

 また、電話交渉時は常に「ベストな金額で」と伝えてから値段を出させましょう。基本的に「ベストで出せ」と言っても、買取店は決して限界額は出しません。他が高い金額を出すと、いくらでもついてきます。 

 何度も電話をしていると、相手もイライラしてくると思います。でも業者はあなたに文句を言えません。「ベストを出せ」と言っているのに、一回で出してこない業者側が悪いわけですから、交渉のする上でも、こちらが常に優位です。

 「車を高く売る」と決意した以上、あなたと買取店は敵同士です。一定の利益を取り合う関係ですからね。

だから、相手が機嫌よく応じているうちは、相手が十分な利益を取っている状況なのです。相手をイライラさせるぐらいでないと、あなたが得をしている状況にはなりません。

メリット

一円でも高く売りたいなら、この方法が一番限界値に近い金額引き出せる方法です。なぜなら、 業者側に無駄なコストが発生しないため、車の価値が損なわれることが一切なからです。また一斉呼び出しと違い、時間の制限がないため、業者側もじっくり考えることができまし、あなたが諦めるか、業者があきらめるまで、延々とセリを続けられるからです。

 また、一斉対面に比べ、あなた自身も心理的なプレッシャーが少ないので、あなたのペースで値段を釣り上げることができます。

 また、値段に納得がいかなければ、売らなくても済みます。一斉対面方式の場合は、そういうわけにはいかないでしょうから。

デメリット

一斉対面の方法に比べ、非常に面倒です。各店舗に出向き、さらに何度も電話をしないといけなくなるからです。業者側に電話を掛けさせるようにしてもいいかもしれませんね。

 また、一部業者では「二重査定」という詐欺まがいの方法で、契約段階になり、難癖つけて、価格を下げたり。車を預かってから、クレームをつけ、後からお金を請求してくる業者もある様ですので、注意が必要です。

 大手の買取店に逆に多い手口ですので、事前に車買取でよくあるトラブルは調べておくことをおすすめしておきます。

時間的に余裕があって、手間暇を惜しまない人にはお勧めです。

よくある素人の吹っ掛け

ここで、買取屋をしていると必ずある”買取屋さんあるある”を紹介したいと思います。

 それは、素人が価格を吹っ掛けてくることです。

例えば、オークションの相場が100万円の車があったとします。

 しかし、Goo-netとかカーセンサーとかを見ると、車屋さんは120万円ぐらいで同じような車を売っています。

あなたには、オークションの相場はもちろん見えません。

 見えているのは小売り価格の120万円です。

 中古車業界の仕組みをわかっていない一般の人は、自分の車を売ったら、業者に競わせたら110万円ぐらいになるんじゃないか?と勘違いします。

 そして、買取店に問いあわせします。

「ガ●バーにもっていったら、110万円って言われたんだけど、それ以上の金額だせる?」と電話をしてきます。

 大体、こういう電話をしてくる人は、超大手の買取店の名前を使います。とくに多いのがガ●バーですね。典型的です。それだけ、「車買取と言えばガ●バー」という刷り込みが浸透しているのでしょう。

 これが、アッ●ルであっても、どの業者名であろうと、業者は嘘である事を一発で見抜きます。たいそうな事では、ありません。仕組みを知っていれば、ウソである事は一目瞭然ですからね。

 オークションの相場より高い金額の買取価格を提示する会社がいるわけないですから。

オークション相場が100万円の車の買取価格の限界はせいぜい90万円程度です。

 

 仮に、奇跡的にかなりいいところをついて

 「○○が95万円って言ってる」

何ていっても、「そんなに高いなら、そこで売ったらいいんじゃないですか?」

 と返されてしまうのがオチです。

 

逆に、この車を「○○が80万円出すと言っている」と言ってしまうと

 「ん~厳しいとこついてきますね。もう限界です。でも今すぐ、決めていただけるなら81万円出します!」

とか言われて、相手に大きなボーナスを与えることになります。

 買取店が一番嫌なのは、他店がいくら出しているかわからない状況で、お客さんが相見積もりを取って「ベストを提示しろ」としつこく何度も言ってくる状況なんです。

 あなたが、それを面倒がって、一発で最高額を得ようとしたり、吹っ掛けようとすると、ますます相手の思うつぼになる仕組みなんです。

 弊社では、そのような無駄な交渉も、”無駄なコスト”と考えているので、最初に出した値段を後から交渉次第で上げていくような方法はとっていません。時は金なりですからね。

 弊社はそもそも輸出業者であるため、普段仕入れているオークションの相場よりも、それなりに安く買えればいいのです。かと言って、他の業者の最高金額を上回るような無駄な買い方もしません。

 他業者が出せる限界値を最初に提示すれば、一番無駄なく買取ができるからです。それが弊社のスタイルです。

本日のまとめ 

一括査定では、業者同士の競争はあるものの、大変無駄なコストと無駄な労力がかかります。

しかし、何もかも面倒がって、手を抜くと、業者の思うつぼで何十万円も損をしてしまいます。

 そうならないために、あなたの性格によって、それぞれベストな買取店の選び方を提案します。

時間がなく、できるだけ面倒をかけたくない人

①複数社(2社から4社程度)に電話をかけ、同じ時間に査定してもらい、その後セリをしてもらう方法

多少の面倒がかかっても、一円でも高く車を売りたい人

②複数社(2社から4社程度)に訪問し、車を見てもらう。その後電話で査定額を釣り上げていく方法

※輸出用の車の売却を検討している人

③弊社に電話して見積もりをとる。電話で概算査定が可能です。

 ※輸出用の車については、車両輸出代行センターHPで「海外人気車両一覧表」で確認してください。

 

以上で記事は終わりです。

少しでも役になったと思ったらぜひ下記ボタンよりシェアをお願いします。↓

あなたが下取りに出そうと思った車、下記に該当しませんか?

〇「10年または10万kmオーバーなので」値段が付かないと言われた車
〇修復歴があると言われた車
〇ひと昔前のトヨタ車
〇マニュアルのスポーツカー
〇マイクロバス
〇軽以外の商用車
〇ハイエースバン
〇カローラ系の車
〇RAV4

実はこのような車はかなり高い確率で、ディーラーが引き取った後、業者のオークションで輸出業者に転売され、海外に輸出されています。海外超人気車種の一覧はこちらです。

 そのため、下取りの段階では、まだまだ価値がるにもかかわらず、ほとんど金額が付かなかったり、場合によっては、処分料を請求されるケースもあります。

 もし、ご自身の車の下取り価格に、すこしでも疑問を感じたら、弊社HPよりお問合せ下さい。


 または、下記フォームより、車の情報を入力いただければ、無料で適正相場をお調べいたします。(電話番号入力不要です)

お名前 (必須)

地域 (必須) 例:大阪府 吹田市

メールアドレス (必須)

車種名 (必須) 例:カローラ スパシオ

電話番号

年式(初年度登録)(必須) 例:H15年

走行距離 (必須) 例:約8万km

車検期限 (必須) 例:H29年9月

トランスミッション(必須)

駆動方式(必須)

車体色 (必須) 例:白

排気量 (必須) 例:1800cc

型式

グレード

車の状態

その他