ハイエースとキャラバンを比較!これほど圧倒的な違いがあるなんて!?

ハイエースキャラバン違い

ハイエースにするかキャラバンにするか・・・迷ってしまった・・・

 うーん、どうすりゃいいんだ決めてが無い!!!

 

と悩んでいるあなたへ、朗報です!!

この2車はネット上のいろんな記事で、比較されています。

 

しかしながら、ほとんどの記事が結論として

「ほとんど同じ・・・」と書かれています。

 

実はどこにも書かれていない圧倒的な違いがあるのです。

 

本日はその、核心の情報に迫る記事を書いていきたいと思います。

細かい性能の違いについて

carlineup_hiacevan_top_2_01_pc

出典:http://toyota.jp/hiacevan/

出典:http://www.nissan.co.jp/NV350CARAVAN/

出典:http://www.nissan.co.jp/NV350CARAVAN/

いろいろなサイトで細かい性能の違いが書かれています。

それらをまとめてみました。

ボディーサイズ

ボディの大きさについては、両車とも同じとなっています。
後席を畳んだ状態の最大荷室の長さについても、ハイエースが3,000mm、
キャラバンは3,050mmとほぼ同じです。荷室の最大幅は1,520mmで共通となっています。
ボディサイズが等しいワンボックスバンなので、荷室の広さも同等になっています。

参照元:carcast URL:http://carcast.jp/12452

 

メーカーのHPによると

  • ハイエース標準ボディー(全長×全幅×全長)= 4695×1695×1980       
  • キャラバン標準ボディー(全長×全幅×全長)= 4695×1695×1990

数字の単位はmmですので、高さに10mm の違いがあるだけです。ほぼ同じですね。

荷室は、上記の情報から、キャラバンが50mmだけ長いようですが、その他は同じです。

装備について

大きな違いと言えばキャラバンの荷室の特徴である、ラゲージユーティリティナットを
ロングボディの場合で14個装着したことがあげられます。

(中略)

さらに異なるのはエアコンで、ハイエースのスーパーGLというグレードでは
オートタイプエアコンですが、キャラバンは同等グレードのプレミアムGXでも
マニュアルタイプとなっています。

参照元:carcast URL:http://carcast.jp/12452

細かい違いですが、装備にも上記のような若干の違いがあるようです。

 

走行性能について

オートマの設定に違いがあります。

  • ハイエース ディーゼルの場合・・・4AT
  • ハイエース ガソリンの場合・・・6AT
  • キャラバン ガソリン・ディーゼル共に・・・5AT

実際の乗り心地はというと・・・

走り心地なども、グレードによって差はあるものの、ハイエースとキャラバンは同程度と言えます。

参照元:CarMe  URL:http://car-me.jp/articles/1365

それぞれ、好みはあるでしょうが、こだわりの無い人には、大差はなさそうですね。

燃費について

最新モデル、最上位グレード スーパーGLとpremiumGX の標準ボディー・AT車のカタログ燃費を比較しました。(JC08モード)

  ハイエース キャラバン
ガソリン車 2000cc  10.2km/l 9.7km/l
ディーゼル車3000cc 11.2km/l 12.2km/l

それぞれカタログ燃費(JC08モード)上は若干の違いがあるようです。

上記オートマの違いによるものでしょうか?

新車時の価格について

こちらも最新もでるの最上位グレード スーパーGL・premiumGX 標準ボディー 2WDで比較しました。(消費税込み価格)

  ハイエース キャラバン
ガソリン車 2000cc  2,856,109円 2,814,480
ディーゼル車3000cc 3,380,914円 3,434,400

これも若干の違いがありますが、見事に燃費の差と同じような微妙な差です。

ちょうど、燃費の差を補うような価格設定となっているのが面白いですね。

新車時の違いをまとめると・・・?

さーこれまで、他のサイトも参考に、違いをまとめてみました。

が・・・・・

 「違いがあるといえばある・・・」

でもたいていの人にとっては

 「どーーーーーでもええやん!!」

とレベルの違いしかありません。

 

 しかーーーーーし!!!実は私が調べたところ、他のサイトにはほとんど書かれていない

とっても重要な違い!しかも圧倒的な違いを発見してしまいました!!!!!!

というわけで、

 

 お待たせしました。ここからその圧倒的な違いとやらをご紹介します!!!

ハイエースとキャラバンの圧倒的な違いを発見!!それは一体???

 

実は中古車関連の仕事をしている人なら、誰でも知っていることなのですが

新車時にほとんど値段が変わらないハイエースとキャラバンですが・・・

 

中古車の価格では、ハイエースの価格が圧倒的に高いのです!

「嘘だろ!?」と思う人は、自分の気になっているグレードで、

あたりで、チェックしてみてください。

「中古車の値段に差がある?だから何??」

と思わってません??

 

これ大変な違いですよ!!

 

だって、車は最終的は売却するでしょ。

つまり、売却時の値段がぜんっぜん違ってくるんですよ!!!

ハイエース・キャラバンの売却時の差ってどれくらいなの?

ハイエースやキャラバンのような商用車の多くは、

一度買ったら、乗りつぶすぐらいまで乗っちゃう人が多いです。

 

 なので、乗りつぶした水準の両車の相場を比較してみましょう。

今回は、中古車の卸売市場である中古車オークションで相場を比較してみました。

比較対象 例として下記の二つで比較しました。

  • 平成20年式 ディーゼル 走行距離20万km台 2wd 自走可能な状態の車
  • 平成15年式 ガソリン 走行距離15万km~20万km 2wd 自走可能な状態の車
  ハイエース キャラバン 中間値※の差額

ディーゼル(20年式)

最上位グレード

スーパーGLとGX

最低価格44万円

最高価格78万円

最低価格23万円

最高価格33万円

33万円の差額

ディーゼル(20年式)

下位グレード

DXとDX

最低価格30万円

最高価格76万円

最低価格15万円

最高価格43万円

24万円の差額

ガソリン(15年式)

最上位グレード

スーパーGLとGX

最低価格19万円

最高価格28万円

最低価格15万円

最高価格17万円

7万5千円の差額

ガソリン(15年式)

下位グレード

DXとDX

最低価格15万円

最高価格30万円 

最低価格9万円

最高価格16万円

10万円の差額

※中間値=(最低価格+最高価格)÷2

見ての通り、中古車市場においては、ハイエースとキャラバンには明らかな差があります。

今回はサンプルとして、一部分の比較のみを行いましたが、

実際には、あらゆる年式、グレード、燃料タイプを比較しても、新車価格時は同程度の車なのに、

売却価格はハイエースが圧倒的に高くなっています。

 

新車時はほとんど同じ車なのに、売却時の価格が異なる理由とは??

ハイエースもキャラバンも、上で比較したように、もともとは大差のない車です。

 日本国内においては、完全なライバル関係にあります。

もし、日本国内だけで、流通しているのであれば、ここまでの差が出ることはないはずです。

 

 では、差が出る理由は一体何なのでしょうか??

 

実は、その原因は”海外での圧倒的な需要の差”なのです。

 

 ハイエースやキャラバンのような、中型のバンは、使い勝手がよく、耐久性に優れていて、

日本人が乗りつぶしたと思っている低年式・過走行の状態でも、海外(主に発展途上国)で引っ張りだこの状態なのです。

 

 日本では20万km程度で、車検が通りにくくなり、多くの人が手放す傾向があります。

 

しかし、海外のほとんどの国では、日本のような車検制度がありませんので、

エンジンやトランスミッションのような車を動かすための致命的な部分が故障しない限り、

 

 その後何十万kmも、本当に車が動かなくなるまで乗り続けることが多いです。

 

我々日本人にはほとんど差はみられない、ハイエースとキャラバンですが、

海外の人はその耐久性において、ハイエースを圧倒的に支持している現状があります。

 

 もともと、ハイエースとキャラバンでは、ハイエースの方が先に生産されていた歴史があり、

海外で認知されるのも早かった事も手伝って、

 

 海外での普及率には圧倒的な差があると言わざるを得ません。

そのため、

 国内の中古車オークションにおいても、ハイエースは中古車の輸出業者がこぞって取り合いをするため、

日本では、だれがどう見ても”廃車”というようなハイエースでも、なかなか値段が下がらない現象が起きています。

 詳しくは、こちらの記事「世界中が欲しがるハイエースの真の買取相場と究極の売却術とは?」をご一読ください。

ハイエースとキャラバンで迷ったら!

 ハイエースとキャラバン、それぞれ細かい違いはあるものの、新車時はほとんど同じような車です。

しかし、売却時はハイエースの方が明らかに、キャラバンよりも高くなります。

 

 というわけで、本日のまとめ

「迷ったらハイエースを選べ」

 と覚えておきましょう。

 

本日の記事は以上です。

あなたが下取りに出そうと思った車、下記に該当しませんか?

〇「10年または10万kmオーバーなので」値段が付かないと言われた車
〇修復歴があると言われた車
〇ひと昔前のトヨタ車
〇マニュアルのスポーツカー
〇マイクロバス
〇軽以外の商用車
〇ハイエースバン
〇カローラ系の車
〇RAV4

実はこのような車はかなり高い確率で、ディーラーが引き取った後、業者のオークションで輸出業者に転売され、海外に輸出されています。海外超人気車種の一覧はこちらです。

 そのため、下取りの段階では、まだまだ価値がるにもかかわらず、ほとんど金額が付かなかったり、場合によっては、処分料を請求されるケースもあります。

 もし、ご自身の車の下取り価格に、すこしでも疑問を感じたら、弊社HPよりお問合せ下さい。


 または、下記フォームより、車の情報を入力いただければ、無料で適正相場をお調べいたします。(電話番号入力不要です)

お名前 (必須)

地域 (必須) 例:大阪府 吹田市

メールアドレス (必須)

車種名 (必須) 例:カローラ スパシオ

電話番号

年式(初年度登録)(必須) 例:H15年

走行距離 (必須) 例:約8万km

車検期限 (必須) 例:H29年9月

トランスミッション(必須)

駆動方式(必須)

車体色 (必須) 例:白

排気量 (必須) 例:1800cc

型式

グレード

車の状態

その他

今乗っているハイエースを廃車したり、下取りに出そうとしていませんか?

ハイエースは特別な車です。
なぜなら海外で最も人気のある車だからです。
そんなハイエースを廃車したり、下取りに出すと大損する事になります。
あなたがもし、ハイエースの廃車や下取りを検討しているならこの記事を一度読んでみてください。