新型コロナウイルスの影響でハイエースの買取相場はどうなった?

ハイエース買取における新型コロナの影響について ハイエース買取

全世界で新型コロナウイルスが猛威を振るってます。

 

 このコロナウイルスでハイエースの買取相場がどうなったのか?

 

結論から申し上げます。ハイエースの相場は2020年の4月頭から大幅に下がっています。

 

 その原因は、実はハイエースの異常なまでの海外での人気!?なのです。

なぜハイエースの買取相場は下がったのか?

日本国内でも、緊急事態宣言により、経済が大打撃を受けています。

 

 しかし、実は国内の中古車販売は、それほど大きなダメージを受けていません。

ダメージが集中しているのは新車販売のようです。

 

 では、何故、ハイエースは影響を受けているのか?

 

実は、ハイエースは、海外でとてつもなく人気のある車だからです。

 

 それも、特定の国に人気があるのではなく、全世界で人気のある、世界No1の人気車種だからです。

 つまりは、現在、海外への輸出の需要が下がっており、結果として、買取相場が下がってしまったのです。

 

 ハイエースの相場が下がり始めたのは、ちょうど年度の始まりの4月当初からでした。

 

恐らく、ハイエースを必要としている世界中の途上国において、新型コロナウイルスの影響が出始めた時と考えられますね。

 

ハイエースの買取相場はどれくらい下がっているのか?

年式や、走行距離により、下がった金額は差がありますが、

ハイエース全体で考えると、3月末から4月頭にかけて、平均的に約10万円程相場が下がっています

 特に、10年、15万km以上走った古いハイエースの値下がりがはっきりしています。

 

「そんなに古い車で10万円も下がったら0円になっちゃうんじゃないの?」という疑問があるかもしれません。

 

 しかし、実は、どんなに古いハイエースでも、例え相場が下がったとはいえ、未だにハイエースは他の一般車両に比べて、各段に相場が高いです。

 

 なぜなら、需要が落ちたと言え、依然として海外でとてつもなく人気のある車だからです。

 

新型コロナの影響を織り込んだ、現在のハイエースの買取相場はこちらに詳細があります。

 

今はハイエースの売却を控えた方がいいのか?

相場の下落はいつまでつつくのか?というご質問多数いただいています。

 

 回答としては、

「いつまで続くかはわからない」

という回答になります。申し訳ありません。

 

 ただし、一つだけ言えるとすれば、

1・2か月で相場が元どうりになる事はない

という事でしょうか。

 

 それが、半年続くか、1年続くか、あるいは永久に元の相場に戻る事はないか。それは全く分からないという事ですね。

 

 現在は、ハイエースを買取した買取業者も、通常だとすぐに業者間のオークションに出品するのですが、

 あまりにも相場が下がってきて、元が取れないため、様子を見ています。

そのため、市場に車がだぶついている(余っている)状況です。

 

 しかし、どうも相場に戻る気配がないため、徐々に損切りというよりもむしろ投げ売りが序々に始まってくる事が予想されます。

 そうすると、市場への供給過多になり、より一層相場の下落に拍車がかかる可能性もあります。

 

では、今持っているハイエースはすぐにでも売った方がいいのか?

まず、あなたのハイエースがどんなハイエースなのかにより、判断が異なってきます。

次のようなハイエースの場合、特に新型コロナの影響は受けていません。

  • 年式が4年落ち以内(平成28年式以上)のハイエース全般
  • 年式問わず、グレードがスーパーGL(ワゴンの場合はGLまたはグランドキャビン)で、修復歴が無く、走行距離が15万km未満の200系ハイエース
  • グレード・年式問わず、修復歴が無く、走行距離が10万km以内のハイエース

上記に該当するハイエースの場合、再販先はほぼ国内に絞られるため、新型コロナウイルスの影響は少ないです。(一部は輸出される事もあるが、影響は小さい)

 これらの車両の場合は、新型コロナの影響を心配する必要はありません。

 

上記に該当しないハイエースの場合、海外での需要の落ち込みが相場に影響をしている可能性が高いため、場合によっては、売却時期を考慮する必要があるかもしれません。

 

結論としては、あくまで私の個人的な予想ですが、以下のようになりますね。

  • 急ぎ(1・2か月以内)で売ってしまわないといけない場合・・・なるべく早く売ってしまう方がいい。
  • 半年以内ぐらいで売りたい場合・・・劇的に相場が戻る事は期待できないが、少し待って問題ありません
  • 特に急ぎで売らなくてもいい場合・・・今は売却を控えて、新型コロナウイルスが完全に収束してから売却する

 

古い、または過走行のハイエースを売却する場合

もし、古かったり、過走行のハイエースであれば、それはいずれにしてもほぼ海外へ輸出されます。

 

 車両輸出代行センターは、そのようなハイエースを国内で一般ユーザーから直接買取している、数少ない中古車輸出業者です。

ハイエース直接買取専門店

直接買取しているため、かなりの中間手数料の省略を実現できています。

 

一般の買取店とは違い、値段交渉等は一切ございませんので、ハイエースのおよその買取価格を知りたい場合は、下記よりお問合せください。

 また、お客様のハイエースが、国内向けなのか、輸出向けなのかも判断させていただきます。

※国内向けハイエースの場合は買取をご遠慮させていただいております。

お名前 (必須)

地域 (必須) 例:大阪府 吹田市

メールアドレス (必須)

車種名 (必須) 選択してください

グレード(バンの場合) (必須)選択してください

グレード(バンの場合) (必須)選択してください

グレード(ワゴンの場合) (必須)選択してください

型式がわかりますか? (必須)選択してください。

型式(必須)

燃料の種類(必須)

駆動方式(必須)

年式(初年度登録)(必須) 例:H8年

走行距離 (必須) 例:約19万km

車検期限 (必須) 例:H28年9月

トランスミッション(必須)

スライドドアについて(必須)

荷室のタイヤハウスについて(必須)

車体色 (必須) 例:白

車の状態

その他

電話番号(任意です。メールが届かない場合等にのみ電話で連絡させていただきます。