ハイエースの大きさ(幅・高さ・長さ)定員(何人乗り)まとめ

ハイエース全般

ハイエースが欲しい! ハイエースが手に入ったら~♪ あんなことして、こんなことして・・・ムフフ

 いや、ちょっとまて、ハイエースも色々あるし、ちゃんと事前に、大きさとか定員とかしらべとかないと!

というあなたのために、いちいちメーカーのHPで小さい字を見なくてもいいようにまとめました。

大きさについて、ボディー種別・グレードで比較

ハイエースバン

ボディー種別/グレード  全長 全幅 全高
バン      
   標準 469.5cm 169.5cm 198.0cm
   ワイド・ミドルルーフ 484.0cm 188.0cm 210.5cm
   標準ルーフ・ジャストロー 469.5cm 169.5cm 198.5cm
   ハイルーフ 469.5cm 169.5cm 224.0cm
   ハイルーフ・ジャストロー 469.5cm 169.5cm 224.5cm
   スーパーロング・ワイド 538.0cm 188.0cm 228.5cm
ワゴン      
   GL/DX 484.0cm 188.0cm 210.5cm
   グランドキャビン 538.0cm 188.0cm 228.5cm
コミューター      
   GL/DX 538.0cm 188.0cm 228.5cm

全長 全高全幅 

ちなみに、

 ハイエースバンの場合、ワイドまたはハイルーフになると、貨物用として登録する場合、4ナンバー登録ができなくなるので、1ナンバー登録になります。

 それにより、毎年の自賠責保険の額が変わるため、維持費がほんの少し高くなります。詳しくは維持費がトータルで100万円安くなるハイエースの選び方の記事を読んでみてください。

 定員についてグレード事に比較

グレード 定員
バン  
   スーパーGL 5人
   DX(GLパッケージ)3人乗り 3人
   DX(GLパッケージ)6人乗り 6人
   DX(GLパッケージ)9人乗り 9人
ワゴン  
   GL/DX 10人
   グランドキャビン 10人
コミューター  
   GL/DX 14人

 

 ちなみに

ハイエースコミューターは乗車定員14人乗りとなっています。車の大きさはワゴンのグランドキャビンと全く同じですが、定員が11人以上であるため、普通免許では運転ができません。

 また、平成19年6月2日より交通法規の改正で、改正以前に普通免許を取得している方には、例え種類が「中型」と表記されていても、下図のように「中型車は中型車(8t)に限る」と表記されている場合、14人乗りのコミューターに乗る事はできません。

 ただしキャンピング使用等で、乗車人数が10人以下に構造変更された上で車検を通っているコミューターであれば、普通免許でも運転が可能となります。

cc-library010011028

今乗っているハイエースを廃車したり、下取りに出そうとしていませんか?

ハイエースは特別な車です。
なぜなら海外で最も人気のある車だからです。
そんなハイエースを廃車したり、下取りに出すと大損する事になります。
あなたがもし、ハイエースの廃車や下取りを検討しているならこの記事を一度読んでみてください。

絶対カモにならない唯一の方法(すでに一つ以上の会社で見積もりを取った人限定)

ここまで長い文章を読んでいただきありがとうございます。

 まずは、ここまで書いたことをしっかり踏まえて、車の下取りの見積もりを取ってみてください。

しかし、すでに買取業界の裏側を覗いてしまったあなたは、今度は逆に疑い過ぎて、なかなか売却に踏み切れないという症状に陥るかもしれません。

 そこで、当サイトでは、あなたがもらった下取りや買取の見積もりが適正な価格なのか、あるいは、実はその車が輸出用で、弊社で査定した場合、圧倒的に高い金額で査定できる車なのか、を判断させていただくサービスを提供することにしました。

 恐らくそのようなサービスが提供できるのは、日本全国で弊社だけだと思います。

何故なら、普通の買取業者では、基本的にどの車も欲しいので、お客さんからもらった情報は自社で何とか買取につなげようとしてしまいます。

 弊社は、「輸出用の車の買取専門店」ですので、本当に必要な車はごく一部の車種に限られます。

しかも、弊社の店舗のある大阪周辺ならともかく、離れた地域の場合、実際の車を見る事ができないため、

 輸出向きでない国内向きの中古車の場合、値段を数十万円上下させてしまう「修復歴」の確認ができず、値段の付けようがありません。(※ちなみに輸出用の車の場合、修復歴は査定価格にほとんど影響しません。)

 しかし、すでに一度業者に見せて「修復歴の有無」等がはっきりしている車の査定価格が適正かどうかは、第三者である弊社が最も適切に判断できると確信があります。

 また、もし仮にその車が輸出向きの車両であれば、輸出業者の直接買取の査定額を提示することも可能です。

 

ご自身の車の査定価格が適正かどうかをお知りになりたい場合は、下記フォームより、お問合せください。

※電話での問い合わせはご遠慮ください。メールのみの対応となります。

お名前 (必須)

地域 (必須) 例:大阪府 吹田市

メールアドレス (必須)

すでに取得している買取見積もり額 (必須)

メーカー (必須) 選択してください

車種名(トヨタ車の場合) (必須) 選択してください

車種名 (必須) 例:エクストレイル

型式はわかりますか? (必須)選択してください。
分かる今は分からない

型式(必須)

燃料の種類(必須)

駆動方式(必須)

排気量(必須)

グレード(必須) ※不明の場合は「不明」と記載ください

年式(初年度登録)(必須) 例:H8年

走行距離 (必須) 例:約19万km

車検期限 (必須) 例:H28年9月

トランスミッション(必須)

スライドドアについて(必須)

荷室のタイヤハウスについて(必須)

過去のボディーの板金または交換歴の有無(必須)
あり無し不明

板金交換歴の詳細(必須) 例:左フロントフェンダー、フロントバンパー交換

警告灯点灯の有無(必須)
あり無し

警告灯点灯の詳細(必須) 例:エンジンチェックランプ点灯

電気系統の不良等の有無(必須)
あり無し

電気系統不良の詳細(必須) 例:オーディオ不良 右パワーウィンドウ故障等々

機関類の不良の有無(必須) エンジン、トランスミッション、ラジエーター、その他の機関類の不良の有無について
あり無し

機関類の不良の有無の詳細(必須) 例:エンジン異音あり 排気白煙あり ラジエーター水漏れあり 排気漏れあり等々

車体色 (必須) 例:白

ボディーの状況やその他不具合の有無
 目立つ凹みの有無(有る場合はその詳細)、サビや腐食の有無、冠水歴の有無当

その他

電話番号(任意です。メールが届かない場合等にのみ電話で連絡させていただきます。