車一括査定はしつこい上に、相場は絶対に分からない!なぜ?

 車の一括査定サイトで、簡単に相場を調べられると思っていませんか?

あなた、このままだと大変な目に遭いますよ。

 

まずは ミニドラマ を 少々の間お楽しみ下さい↓

 タイトル「一括査定あるある」

「そろそろ、車も買い替えだな。よし、次の車検の時期に、今の車は売ってしまおう!」

 そして、ふとネットで車の下取り・買取相場を調べようとすると

一括査定への誘導ページにがヒットしました。

そこには

  • 無料で簡単にあなたの車の最高額がわかります!
  • 30秒であなたの愛車の買取相場がわかります!
  • 1分であなたの愛車の査定相場がわかります!

なんて書いています。

若くて、可愛いピチピチのおねえちゃんが、笑顔で「無料!」「簡単」「高額査定」

 「あなたの車の情報 い・れ・て」

何て甘い言葉で誘惑しています・・・

 そして、軽い気持ちで試しにクリックしてみると・・・・

 

ありゃりゃりゃ???お姉ちゃんは居なくなり、その代わりに

 いきなり入力フォームがでてきました。

フォームの中身もよく見ると・・・・

  • メーカー
  • 車種名
  • 年式
  • 走行距離

えっ車の情報これだけ?? 

「こんなんで、車の値段ってわかるん??」

 しかも続いて個人情報入力欄が・・・

  • お名前
  • 電話番号
  • 郵便番号
  • 住所
  • メールアドレス

全て必須 どういうこっちゃ??

なんで車の概算価格調べるのに、こんな細かい個人情報必要やねん!!」

 (うーーん・・・でも、概算査定も1分でわかるって書いてるしな~)

えーい、思いきて送信!!!

 すると、画面が変わって

一括査定 概算結果

えっ!? 

ただ、大体の値段が知りたいだけなのに・・データが無い!?

しかも、各社よりの連絡を待てだと!?

(電話か~めんどくせ~と思った その瞬間!!!!)

 トゥルルルル・・・・

え???ま・・・まさか 

 

お客さん
は・・はい・・・もしもし

 

営業マン
お問合せありがとうございました。車買取専門の○○ですが・・・

 

 

お客さん
   (まじかよ!???ちょ~怖え~、5秒も経ってないじゃん!)   

 

 

お客さん
いや・・・ちょっと概算の金額が知りたくて・・・

 

営業マン
わかりました。では、一度、実際の車を見させていただきたいので、ご都合の良い日はいつでしょうか?

 

お客さん
い・いや待ってください!!そんなわざわざ来ていただかなくても・・・ただ大体の値段でいいので・・・

 

営業マン
車を見ない事には、値段は出せませんね~、傷、凹み、修復歴によって値段は大きく変わるので

お客さん
   (なんだよ~どこが1分で値段わかるだよ~ 、でももうこうなったら仕方ね~)   
 

 

お客さん
えっと、じ・・・じゃあ、25日の15時でお願いします。

 

営業マン
分かりました、じゃあその時間に、ご入力いただいたご住所に参ります。

ガチャ(電話を切る)

お客さん
   (は~、結局わざわざ来るのかよ~めんどくせえことになっ・・・ん???)   

 トゥルルルルル(電話) 

お客さん
  (なんじゃ???また電話???)   
お客さん
はい・・・もしもし

 

別会社営業マン
お問合せありがとうございました。車買取専門の△△ですが・・・

お客さん
   (ひゃ~!!、なんじゃこれ、また別のところからかかってきやがった・・・・)   

 

  以下繰り返す事×約10件 (10件目以降は電話無視・・・しかし、電話が鳴り続けるため、電話線を抜く)

 ・電話対応所要時間、計 2時間

 ・概算査定金額・・・結局ほとんどわからず 一社だけ0万円~20万円という全くあてにならない金額。後は「実物をみてみないと・・・・」の一点張り

 

 以上 ・・・ 一括査定あるあるでした。

さて、それでは本題に参りましょう!

一括査定に登録しただけで、相場は絶対にわかりません。

このミニドラマ「一括査定あるある」のように

 ただ、相場が知りたいと思って、一括査定に登録すると、後戻りができなくなります。

一括査定では絶対に、まともな車の相場は教えてもらえません。

 

 キチンとした値段が出るのは、実際に業者を呼んで、査定をさせたときです。

しかも、その瞬間に、売るか売らないかの結論を迫られます。

 

 あなたが、もし、相当に気持ちがタフで、屈強で肉食系の営業マン数人に囲まれても、

堂々と

「今日は売りません!うっとおしいから帰ってくれ!!」

って言えるなら、問題ないかもしれません。

 

 そうでない限りは、適正か、適正でないかの判断もできぬまま、その日に契約書に班を押させられます。

 

それが一括査定の実態なのです。

 

一括査定に登録すると、電話攻撃や営業マンは絶対に見逃してくれない!その理由とは?

あなたが一括査定に、車と個人情報を入力した瞬間に、

 一括査定サイトの運営業者(以下 一括査定業者とします)は、その情報を一斉に平均15社程度の加盟している車買取業者(以下 加盟業者とします)にあなたの車と個人情報を送信します。

 

情報を受け取った会社は、その時点で、一社あたり2500円程度の情報料を支払わなければなりません。

 情報料の価格は、一括査定業者にも寄りますが、最低でも2000円、最高で3000円程度の定額の情報料になります。

 加盟業者は、どんな車であろうと、そのお客さんに売る気があろうとなかろうと、情報が入れば、否応なしに、2500円を支払うことになります。

 2500円ですよ! 個人でやっている買取店なら、休日の家族の外食ランチ分が、あなたの情報一件で飛んでしまうわけです。

 それは必死ですよ、みんなピラニアのごとくあなたの情報にムサボリつくわけですよ。

 

 

 これを聞けば、大体想像がつくと思いますが、

そりゃ~、そんなに簡単に、あなたの車の値段なんて教えてくれるわけないんですよ。

 

  間違えても、電話で大体の値段言うなんて、あり得ないですよね。

言ったとしても、超アバウトな、後からでも、どうにでもできるような金額しか言いません。

 

 仮にバカ正直な、買取専門店がいて、電話で

「あなたの車は大体20万円です。」

 何て言ったら、あなたはどうしますか?

 

 「よし、正直に言ったからお前の店で売ってやろう!」

ってなります???

 

 なりませんよね??

普通の人間なら、

 「よし、20万円が最低ラインだな。」

 

と基準を作って、後から実物見に来た車屋さんと、

その20万円のラインを基準に、交渉するでしょう。

 

 そして、後出しした車屋さんが

「21万円」で買うわけですよ。

 

 そんな、同じチームメイトの買取店ならまだしも、

他のライバル会社にアシストするようなお店はありませんよね。

 

 だから、一括査定で、1分で値段がわかるなんて、絶対に絶対に絶対にありませんので、

気を付けましょう!。

一括査定で本当に車の値段は限界まで吊り上がるのか??

 さて、相場をちょっと調べたい・・・なんて軽い気持ちで一括査定をつかってはいけない理由は、

十分に伝わったと思います。

 

 では、いざあなたが車売却を決意して、

実際に売るときはどうでしょうか?

 

 果たして、一括査定を使うべきなのでしょうか?

 

残念ながら、答えはNoですね。

 一括査定はベストな選択とは決して言えません。

  

そのあたりは下記記事で詳しく説明していますので、こちらもご一読下さい。

車一括査定とはピラニア巣食うアマゾンに裸で飛び込むが如し

2015.12.18
  

 また、

一括査定を使わずに車の査定額を限界まで釣り上げる方法

2016.01.08

では、具体的に、どのようにすれば、あなたの車を限界まで釣り上げる事ができるかも書いています。

 以上「一括査定で相場は絶対に分からない!一括査定のワナとはの記事を終わります。」 

少しでも役になったと思ったらぜひ下記ボタンよりシェアをお願いします。↓

 

 

 

 

 

 

あなたの車の本来の価値を知らずに売却しようとしていませんか?

 そもそも車の下取りや買取で、なぜ多くの人が失敗してしまうのか?

その究極の答えは、

「車を売る側が本来の市場価格を知らない事」

なのです。

つまり、あなたがもし、市場価格を知っていれば、

大失敗することはまずありません。

 

でも、残念ながら、市場価格を知っている人達は全員中古車関連の業者です。業者は当然商売でやっているので、原則

市場価格を教えてくれません。

もし、あなたの信頼できるお友達の中に、車業界の人がいれば、こっそりと市場価格を調べてもらいましょう。

 

当サイトでも、あなたの車の市場価格をこっそりとお調べいたします。

また、弊社における、参考買取価格もご提示します。

 ご自身の車の市場価格と、弊社における適正な査定額を必要を必要とされる方は下記の問い合わせフォームから、お問い合わせください。

 

我々が市場価格をお客さんにあえて提供する理由

我々の本業は中古車の輸出業です。輸出を本業としながら中古車の買取も行っている、かなり中古車業界では珍しい業態をとっています。

 弊社も中古車の関連業者の端くれなので、市場価格をお客さんに提示する事は、自分達の粗利益をさらけ出す事であり、そもそも中古車の業界の暗黙のルールに大きく反しています。

ですので、同業者の攻撃を避けるためにも、全国に散らばっている記事の読者に堂々と公開する事はできません。実際こっそりととは言え、我々が市場価格を教えること自体も、業者として、利益に一見反する行為ですので、リスクの高い行為であります。

 

 それでも我々があえてこっそり市場価格をお客さんに提供する理由をご説明します。

元々弊社は輸出業者ですので、輸出に強い車をオークションを通さないで購入することが目的です。

 なんでもかんでもが、輸出に強い車であるわけではございません。

 

しかし、お客さんの車が輸出に強い車であれば、適正価格で買い取れれば、非常にありがたいのです。

輸出に強い車かどうか、判断させていただくためには、そもそもお客様が売りたい車の情報がなければ判断できません。

 

 そのため、「車の卸売り価格」という決定的な情報をお客さんに提供し、その代わりに輸出に強い車であるかどうかの情報を得る。

これが、このサイトを我々が運営する目的です。

 

 ですから、返信用としてのメールアドレスと、車の値段を調べるための車の情報以外は一切必要ございません。

輸出用の車であっても、こちらからは一切営業しないよう、電話番号も必須ではございません。

 車の市場価格と、ご自身の車の適正な価格がお知りになりたい方は下記フォームからお問い合わせください。

※輸出向きでない、国内中古車向きの車で、かつ高額な車の場合は、概算の査定が難しく、査定金額が出せない場合もございます。

お名前 (必須)

地域 (必須) 例:大阪府 吹田市

メールアドレス (必須)

メーカー (必須) 選択してください

車種名(トヨタ車の場合) (必須) 選択してください

車種名 (必須) 例:エクストレイル

型式はわかりますか? (必須)選択してください。
分かる今は分からない

型式(必須)

燃料の種類(必須)

駆動方式(必須)

排気量(必須)

グレード(必須) ※不明の場合は「不明」と記載ください

年式(初年度登録)(必須) 例:H8年

走行距離 (必須) 例:約19万km

車検期限 (必須) 例:H28年9月

トランスミッション(必須)

スライドドアについて(必須)

荷室のタイヤハウスについて(必須)

過去のボディーの板金または交換歴の有無(必須)
あり無し

板金交換歴の詳細(必須) 例:左フロントフェンダー、フロントバンパー交換

警告灯点灯の有無(必須)
あり無し

警告灯点灯の詳細(必須) 例:エンジンチェックランプ点灯

電気系統の不良等の有無(必須)
あり無し

電気系統不良の詳細(必須) 例:オーディオ不良 右パワーウィンドウ故障等々

機関類の不良の有無(必須) エンジン、トランスミッション、ラジエーター、その他の機関類の不良の有無について
あり無し

機関類の不良の有無の詳細(必須) 例:エンジン異音あり 排気白煙あり ラジエーター水漏れあり 排気漏れあり等々

車体色 (必須) 例:白

ボディーの状況やその他不具合の有無
 目立つ凹みの有無(有る場合はその詳細)、サビや腐食の有無、冠水歴の有無当

その他

電話番号(任意です。メールが届かない場合等にのみ電話で連絡させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

略歴:青年海外協力隊員(ドミニカ共和国)を経て、大阪府の高校教諭(数学)になる。7年間教師を務める。その後一念発起し、教師を退職。そして現在の「輸出用の車買取専門店 車両輸出代行センター」を立ち上げ、現在にいたる。日本の車を必要としている主に途上国の人々に届けるため、日々このブログを更新している。