【ヤバい】検索ボリュームとサジェストワードが一発で分かる無料のキーワードツール見つけてもた!

【速報】事件です。

検索ボリュームとサジェストワードが一発でわかる最強かつ無料のヤバすぎるキーワードツールを発見してしまいました。

 皆さまご存知のとおり、キーワードプランナーが正確な検索ボリュームを掲載しなくなり、早1年近く、SEOを志す人々にとっては、苦難の1年でした。

 この1年間、アドワーズに有料広告を出さないと、正確な検索ボリュームが得られない苦しい日々が続いておりましたね

 例えば、

「ハイブリッド車」とキーワードプランナーに入力すると

キーワード 月間検索ボリューム 競合性
ハイブリッド車 1万~10万

てな具合です。

「いや 1万~10万て・・・・・」

と途方に暮れていた人は私だけではないでしょう。

 

 しかも、ガッツリとキーワードを分析するには、これまで、サジェストワードを別のサイトからコピーしてきたうえに、それをキーワードプランナーに貼り付けて、そしてCSVをダウンロードするみたいな面倒な作業が必要でしたね。

 でも安心してくださいね。みなさん。

これから紹介するツールを使えば、そんな二つの苦しみから完全に開放されるんです!!

 今回紹介する商品は・・・

 

 

”Ubersuggest” です!!!!!

Ubersuggestとは??

Ubersuggestとは、元々知る人ぞ知る(結構有名でしたが・・)サジェストツールでした。

 海外のサイトですが、日本語にも対応していて、

日本語のサジェストワードツールがアクセス集中などで使えない時に、結構重宝するツールだったんです。

 

 私も、本格的にキーワード分析する際はこれまでも良く使っていたのですが、

つい、最近、リニューアルをしたようで、

 そのリニューアル後の機能に思わず眼玉が飛び出てしまいました

 

なななあーんと!!Googleの月間検索ボリュームが出るようになっているではありませんか!!!???

 試しに、このツールを使って「ハイブリッド車」というキーワードを分析してみました!!

すると・・・・ズバン!キターーーーー

うおうっ!!これやっ!

わしが欲しかったんわこれなんや!

ナニジンかわからんけんど、このサイト作ってくれた人ありがとう!!!

 

この一年、1万~10万とか言われてやる気が出なかった、月間ボリュームが見事に、正確な数で出てきているやないか!!

 しかも、サジェストワードもばっちり1発ででてくるし、

こんな最強のキーワードツールを待ってたんや!勝ちたいんや!

 

英語にアレルギーの無い人は、シンプルなサイトなので、使い方はすぐにわかると思いますが、

念のため、使い方を説明していきましょう。

 

Ubersuggestの使い方~サジェストワードを検索ボリューム順に並べる方法

まずはUbersuggestに跳びましょう。

そして、最初の画面です。

①一番左のボックスに、キーワードを入力(日本語OK)

②右から2番目のボックスのドロップダウン項目を「japanease」にする

③「Look up」 ボタンをクリック

すると、入力欄下のバーが動き出します。

 

しばらく待って、バーが右端まで伸びると検索結果がでてきますので、

画面を下にスクロールします。

 すると検索結果が現れます。

ここには、入力した「ハイブリッド車」に少しでも関連するワードが並んできています。

 しかし、私が表示したいのは、「ハイブリッド車」というキーワードを含んだサジェストワードのみです。

 そこで、下図のように、左下のFILTER RESULTSのボックスに「ハイブリッド車」と入力して、「GO」をクリックします。

すると、「ハイブリッド車」というキーワードを含んだもののみが、フィルターされます。

 あとは、表の1番上の行にある「SERCH VOLUME」の矢印ボタンの ^ をクリックすれば、降順にならびます。

  

これだけで、サジェストキーワードを検索ボリューム順にみれるので、すでに分析がほぼ完了している状況です。

 しかし、SEO上級者であれば、これをCSVに落とし込み、要らない行を削除したり、カテゴリー分けをしてみたりと、編集したくなりますよね。

 実は、UbersuggestはCSVへの落とし込みも可能となっております。

 

検索ボリュームの結果をCSVで保存し、エクセルで編集するには??

先ほどの検索結果の画面を下にスクロールしていきます。

すると・・・・EXPORT CSV というボタンがある!

クリックしたい衝動をいったん、我慢汁です。

 なぜならその前に、SELECT ALLボタンを押さないと、フィルターや並び替えした結果が反映されないままダウンロードされてしまうからです。

 SELECT ALLボタンをクリックして、左側のチェックボックスにチェックがはいったら、

EXPORT TO CSV ボタンをクリックします。

 すると、CSVファイルがダウンロードされます!!

しかしながら、ファイルをエクセルで開いてみると・・・・・

見事なまでに、文字化けしています・・・・

 ググってみると、どうやら文字コードが原因のようです。

 

そこで、ダウンロードしたCSVのファイルをいったん”メモ帳”で開いて、そして”上書き保存”してみてください。

そして、同じファイルを再びエクセルで開いてやると

文字化けも解消しました!!

 後は、あんなことしたり、こんなことしたりして、

自由に分析しちゃってください。

 

 こんな素晴らしいツールなんですが、

 気になるのはお値段ですよね・・・・・・・

なんと無料です!!!!!(笑)

 

最初にすでに無料って言うてますからね。

 

しかし、テレビショッピングではないですが、僕の推測では、

永久にこのツールが無料で使えるとは思えません。恐らく期間限定になると思います。

 

なぜなら、UbersuggestのデーターはGoogleの有料情報です。

Google(キーワードプランナー)がわざわざ有料にした情報を、恐らく無断で、無料で公開しているわけですから、結構ヤバい情報なわけなんですよね。

 そのうちGoogleに見つかって、何らかの制裁を受ける可能性があるのでは??と予想されますよね。

というわけで、無料でこんな便利なツールが使えるのは今のうちなので、

使えるうちにガンガン使っちゃいましょう!!!

 

 少しでも役に立つと思ったら、シェアしちゃってくださいね!

夜露死苦う~!

 

 

 

あなたが下取りに出そうとしている車は下記に該当しませんか?

  • 2000cc以下のトヨタ車全般
  • 古めのトヨタのワンボックス
  • オフロード系の四駆
  • ハイエースバン、その他マニュアルの商用系バン
  • 古い2トン以下の平ボディーのトラック、ダンプ
  • マイクロバス
  • 古めのスポーツカー(マニュアルのもの)
  • 左ハンドルの車
  • 2000ccクラスのベンツ、BMW(セダン)

実は、下取りで引き取られる上記のような車の多くは、転売、転売を経て、最終的に中古車として海外へ輸出されています。

 このように輸出される車は、国内お中古車としては、需要がほとんどない上に、輸出業者にわたるまでの転売手数料ががさむため、一般の下取り(買取)ではほとんど値段がつかないケースや場合によっては、処分料を請求されるケースも多いです。

 弊社、車両輸出代行センターは、そのような輸出用の車を専門に直接買取、直接輸出をしている中古車輸出業です。

 上記のような車両の下取り、買取をご検討されている方は、下記ボタンより、

海外人気車種の一覧

 をご確認の上、メールによる概算査定(電話番号は任意です)のお問合せいただければ幸いです。

 

ABOUTこの記事をかいた人

山本 剛

略歴:青年海外協力隊員(ドミニカ共和国)を経て、大阪府の高校教諭(数学)になる。7年間教師を務める。その後一念発起し、教師を退職。そして現在の「輸出用の車買取専門店 車両輸出代行センター」を立ち上げ、現在にいたる。日本の車を必要としている主に途上国の人々に届けるため、日々このブログを更新している。