車の下取り・買取時に必要な書類等一覧

車の下取り・買取時に必要な書類をまとめました。

あなたが用意するもの

※赤字は名義変更の手続きに最低限必要な書類

通常社内に保管してある書類(車検証入れ等に保管している書類)

  • 自動車検査証(車検証)
  • リサイクル預託金証明書 (紛失しても、インターネットで簡単に取得できます。再発行手順)
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車税の領収書(紛失の場合、陸運局で取得可能。買取業者によっては、不要の場合もあります)

別途、役所等で取得する必要がある書類

  • 印鑑登録証明書 (有効期限は3カ月)
  • △住民票(車検証と印鑑証明の住所が異なる場合で、その間の引っ越しが一回の場合のみ必要)
  • △戸籍の附表または住民票の除票(車検証と印鑑証明の住所が異なる場合で、その間の引っ越しが二回以上の場合のみ必要)

お家に保管しているもの

  • 実印(印鑑登録されているもの)

下取り・買取業者がひな型を用意してくれている書類

  • 委任状 (実印を押印します)
  • 譲渡証明書 (実印を押印します)
  • 自動車税の過誤納金の還付請求権譲渡証 (実印を押印します)
  • 自賠責保険承認請求書

 

上記の必要書類が見つからない場合

車検証がどうしても見つからない場合

下記のものを準備して、陸運局で手続きし、再発行してもらいます。

  • 理由書(こちらから書式を印刷できます
  • 申請者の身分証明書(運転免許証、パスポート、健康保険証等)
  • 手数料納付書(陸運局でもらえます)
  • 申請書(陸運局で購入します)
  • 再交付手数料300円(印紙を購入し、手数料納付書に貼ります)
  • 申請書の用紙代100円(申請書を購入する際に必要です)

リサイクル預託金の再発行

通常リサイクル預託金の証明書は紛失しても、問題ありません。預託済みであれば、買取業者がその場で印刷する事も可能です。もし、どうしてもご自身で再発行したい場合は下記の手順で再発行が可能です。

1.自動車リサイクルシステムHPへ移動します。

2.トップページの自動車ユーザー向けボタンをクリックします。

リサイクルトップ 

3.次ページ あなたのクルマのリサイクル料金は?をクリックします。

リサイクル2

4.次ページ 車検証の情報を下図の要領で入力していき、最後に右下の検索ボタンをクリックします。

リサイクル3

5.次ページの右下料金表示をクリックします。

リサイクル4

6.次ページ 自動車リサイクル料金の預託状況の画面が表示されたら、印刷します。(右クリックの項目の中から、印刷をクリックすれば簡単です。)この用紙が、リサイクル預託金の証明書(の代わり)になります。

リサイクル5

自賠責保険証がない

 契約している自賠責保険の保険会社に申請して、再発行してもらいます。

自賠責保険証明書の再発行手続に必要な物・書類の一覧

  • 自動車損害賠償責任保険証明書再交付申請書 (自賠責保険を加入している損害保険会社または代理店でもらえます。)
  • 印鑑
  • 保険契約者の身分証明書(免許証等)

 

自動車税の領収書も納税証明書も見つからない場合

 こちらも、紛失している場合、納税済みであれば、買取業者によっては、不要の場合もあります。

再発行が必要な場合は、自動車税管理事務所(通常陸運局敷地内に併設されています)または各都道府県税事務所で納税証明書を発行してもらえます。

必要なものは次の2点です。

  • 車検証
  • 印鑑

車検証の所有者がディーラー名義またはローン会社名義の場合の必要書類

車検証の所有者が自分以外の第三者になっている場合、

名義は、その第三者の方にあります。そのため、使用者であるあなたが、車を売却するには、第三者の名義人から、所有権解除の書類を受け取らなければいけません。

 しかし、実際は、このようなケースの場合も買取業者が、所有権解除書類の申請手続きを代行してくますので、あなたが直接手続きをする必要はありません。

 仮に、買取業者が所有権解除手続きを断ってきた場合は、

「○○○○(名義人のディーラーまたはローン会社) 所有権解除」等でネット検索すれば、所有権解除に必要な書類や手続きがウェブサイトで確認できます。

 もし、そのようなウェブサイトが無ければ、名義人に直接問い合わせをし、必要な手続きをご確認ください。 

少しでも役になったと思ったらぜひ下記ボタンよりシェアをお願いします。↓

あなたが下取りに出そうとしている車は下記に該当しませんか?

  • 2000cc以下のトヨタ車全般
  • 古めのトヨタのワンボックス
  • オフロード系の四駆
  • ハイエースバン、その他マニュアルの商用系バン
  • 古い2トン以下の平ボディーのトラック、ダンプ
  • マイクロバス
  • 古めのスポーツカー(マニュアルのもの)
  • 左ハンドルの車
  • 2000ccクラスのベンツ、BMW(セダン)

実は、下取りで引き取られる上記のような車の多くは、転売、転売を経て、最終的に中古車として海外へ輸出されています。

 このように輸出される車は、国内お中古車としては、需要がほとんどない上に、輸出業者にわたるまでの転売手数料ががさむため、一般の下取り(買取)ではほとんど値段がつかないケースや場合によっては、処分料を請求されるケースも多いです。

 弊社、車両輸出代行センターは、そのような輸出用の車を専門に直接買取、直接輸出をしている中古車輸出業です。

 上記のような車両の下取り、買取をご検討されている方は、下記ボタンより、

海外人気車種の一覧

 をご確認の上、メールによる概算査定(電話番号は任意です)のお問合せいただければ幸いです。

 

ABOUTこの記事をかいた人

山本 剛

略歴:青年海外協力隊員(ドミニカ共和国)を経て、大阪府の高校教諭(数学)になる。7年間教師を務める。その後一念発起し、教師を退職。そして現在の「輸出用の車買取専門店 車両輸出代行センター」を立ち上げ、現在にいたる。日本の車を必要としている主に途上国の人々に届けるため、日々このブログを更新している。