車買取の絶対的な相場を決定する場=業者オークションとは?

車買取業界の闇

車買取業界の絶対的なタブーである「業者オークション」について、今日は詳しく説明していきます。

 では、そもそも業者オークションの存在はなぜタブーなのか?

それは、車の買取というビジネスは、至極単純で、一般の人に業者オークションの存在が知れ渡ると、このビジネス自体が成り立たなくなるからです。

 これは一体どういう事なのか?

それでは、中古車の流通の全体像をお見せして説明していきましょう。

中古車流通の全体像とは?

一般の人が手放した車は次のような経路をたどります。

 

 

ディーラーや車の買取専門店に引き取られた車は、上のような経路で、最終的には別のユーザーに引き取られるます。

 一般の人の多くは、青色矢印が示すような経路がある事はなんとなく知っていると思います。

 また、多くの人が業者のオークションの存在は知っていても、ほとんどの車は青色の矢印の経路を通ると思っている人が多いです。

 実際はその真逆なのです。

枝分かれしている部分を拡大してみましょう。

実は、ディーラーや買取専門店に引き取られた車の90%は業者オークションに出品されています。

 青色の矢印は全て足しても10%と考えてもらって問題ありません。

なぜプロ同士なのに、業者オークションを通して車を売買するのか?

上の流通経路を見て、疑問に思いませんか?

 疑問に思う方が自然ですよね。

何故なら、車を売りたい一般ユーザーから、車を買いたい一般ユーザーまで、なぜこれほどまでに間に業者が入らなければいけないのか?

 当然、間に入った業者は、そこで手数料を受けっとっているわけですから、複雑になればなるほど、無駄な手数料が発生するわけです。

 一般ユーザー同士の売買が直接成立させるのは難しいにしても、

 最初に車を買い取ったディーラーや車の買取専門店にすれば、直接買い取った車を一般のユーザーに売却してしまえば、マージンを相当カットできるはずですよね?

 実はここに、自動車王国の日本ならではの事情が絡んでいます。

その事情とは、大まかに言って4つあります。

  1. 国産の大手のメーカーだけでも沢山のメーカーがある
  2. 各メーカーが非常に多くの車種を製造している
  3. ユーザーの好みが細分化されてきている
  4. 車の価値が落ちるペースが非常に速い

これらが絡み合うと、業者がオークションを通したくなる理由がよくわかります。

以下解説していきますね。

業者がオークションを使わざるを得ない事情とは?

まず、先ほど箇条書きした①②ですね。

 今や、日本は言わずと知れた世界ナンバー1の自動車製造国です。

誰もが知っているメーカーだけでも、トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、スバル、三菱、スズキ、ダイハツ・・・

 どれもが世界的にも有名な自動車メーカーです。

さらに、それぞれのメーカーが数えきれないほどの車種を開発し、販売しています。

 

 新車の場合は、「トヨタ方式」という、車の注文が入ってから生産するというシステムが最近では主流になっていますので、無駄に作りすぎるという事はありません。

 しかし、中古車の場合、最初に車を買取(仕入)する、ディーラーや買取業者は、中古車を探しているユーザーからの注文で、その車を買取(仕入)するわけではありません。

 これだけ車種が豊富だと、引き取った車がその場で、別のユーザーに売れるという事は、よほどの幸運でない限り、滅多にありません。

 また、③に書いたように、最終的に中古車の消費者となるユーザーの要望も、最近ではどんどん細分化しています。

 例えば、一般的に中古車を探している人の平均的な希望は次のような例になる事が多いです。

  • メーカーはトヨタ
  • 車種はヴェルファイア
  • 3年から5年落ち
  • 走行は3万km~5万km
  • 2WD
  • ハイブリッド
  • ナビは純正のもの
  • 色は黒
  • できればサンルーフがついている
  • できればフリップダウンモニター(後席モニター)がついている

このような複雑な条件を全て満たすものが、偶然自分のお店に買取や下取りで入ってくることはあるでしょうか?

天文学的に低い確率になりそうですね。

 

 しかも、それが1年前や1年後に入ってきてもダメなんですよ。

その時に入ってこないとダメなんです。

 

 なぜなら、④の事情のように、中古車は放っておくとどんどん価値が下がるからです。

もし、ディーラーが1年前に下取りした車を

「この車ならいつか売れるだろう。」

と1年も保管していたら、保管費用もかかる上に、車の価値自体が仕入れたときよりも断然安くなってしまいます。

 

 また、お客さんが

「条件をすべて満たす車が入ったら教えてほしい」

と言って、その車が下取りで入ってくるのを待っていて、1年経ちました。

 

そのお客さんは1年間も待ってくれるでしょうか?

さっさと他のお店で買っているはずですよね。

 

 つまり、車種が限りなく存在する国内での中古車の売買は、者オークション抜きにはまず成り立たないと断言しても問題ありません。

 

業者オークションの存在がタブーである理由とは

最近では、インターネットの影響で、一般の人にも業者オークションの存在は、少しずつ知られてきています。

 しかし、ひと昔前までは、業者オークションは業界内では一般の人には秘密にしておくことが暗黙の了解となっていました。

 なぜなら、「中古車を買う業者」「中古車を売る業者」の双方にとって、それを知られる事はとても都合が悪い事だったからです。

 以下なぜ、都合が悪かったのか解説していきます。

業者オークションがタブ―な理由。~中古車を買う業者の場合~

 ひと昔前までは、車を買う業者といえば

  • 新車ディーラー(下取り)
  • 車の買取専門店

の2種類しか、一般の人にとっての選択肢はありませんでした。

 

 新車と乗り換えで車を売却する場合、

車を売る人にとって、新車ディーラーでの下取りは、メリットが大きいです。

 なぜなら、新車が納車されるギリギリまで車を乗って、その車でディーラーまで行くことができ、そして納車された新車に乗り替えてその車で帰る事ができますからね。

 これほどスムーズな乗り換えは他に有りません。

 

しかし、残念ながら、ディーラーの下取りは安いです。なぜ安いのか?

詳しくは、

車の下取りを検索する人が買取業界でカモと呼ばれる理由」の前半部分をお読みいただければと思います。

いずれにしても、ディーラーの下取りが安い事は、これだけ車の買取店が増えている事がなによりの証拠ですよね?

 ディーラーが下取りで頑張れば、買取専門店の存在意義が無くなるからです。

 

では、ここで、考えてみましょう。

そもそも買取専門店の存在意義とは何でしょうか??

 

それは、

「ディーラーの下取りよりも、高く買取すること」

に尽きますね。下取りより安けりゃ、存在意義もなければ、買取という商売自体成り立つはずがありません。

 しかし、多くの人は、「高価買取!」と宣伝しても、簡単に信用してくれません。

そんなお客さんに対し、ディーラーよりも高く買取ができる根拠を伝えなければいけません。

 

 そうすると、買取した車をディーラーと同じように業者オークションに出品している事を知られてはマズいわけですよね?

 多くの大手買取専門店で、「中古車販売」を同時にやっている理由はここにあります。

買い取った車をあたかも、直接別のユーザーに転売しているかのように宣伝するのがメインの目的です。

 もちろん直接売れる場合もあるのですが、実態としては9割が業者オークションへの出品なのです。

 

 また、同業他社との差別化がしにくいという問題も生じます。

一般の車の買取はどこに売っても、結局オークションに出品するだけのビジネスモデルですので、どんな大きな買取専門チェーンでも、スケールメリットが生じません。

 そのため、看板を大きくすればするほど、店舗や会社の規模を大きくすればするほど、無駄な経費が掛かってしまい、1台あたりに買取できる金額がどんどん安くなってしまいかねません。

 業者オークションという存在が知れてしまうと、そのあたりの事情が丸裸にされてしまいます。

 そのため、大手であれば大手であるほど、業者オークションの存在をひた隠しにしている傾向があります。

 

業者オークションがタブーな理由。~中古車販売店編~ 

中古車販売店側も、ほぼ理由は同じです。

 

 恐らく一般の人達は、中古車販売店の店頭に在庫車両が並んでいるのを見て、

「下取りか買取で入ってきた車を並べているんだな」

と思っている人が多いようですね。

 

 もちろん、下取り買取した中古車を数日並べておくこともありますが、それが運よく売れる事はまずありません。

 店頭に並んでいる中古車のほとんどは、業者オークションで売れ筋の車仕入れてきたものなのです。

 しかし、買取と同様、中古車販売も、昨今、国道沿いを走れば、いくらでも中古車販売店を見つける事ができますよね?

 それほど競争の激しい業界で、実は仕入先は

「どこも全く同じ業者オークション」

という事が一般の人に知れわたると、これもまた差別化ができません。

 

 多くの中古車販売店で「他社にくらべ値段が安い」事をアピールしなければいけないのですが、そうすると、一般の人が業者オークションの存在を知っていると、「安さ」の理由付けが難しくなりますよね。

 また、業者オークションを経由している事自体、それを購入しようとするユーザーからすれば、「無駄なマージンがたくさん掛かっている」印象をぬぐい切れません。

 そういった理由もあり、業者オークションの存在は中古車販売店にとっても、できる事なら知られたくないものであると言えます。

 

業者オークションがタブーである最大の理由 = 相場

車の買取業者や、中古車販売業者にとって、業者オークションの存在が知られて困る理由は、

「中古車の流通において、業者オークションで形成される取引相場が、中古車市場の絶対的な相場となる事

 どういう事かと言うと、

例えば、今私の目の前に次のような車があったとします。

  • トヨタ
  • アルファード
  • 年式:平成20年
  • 型式:UA-ANH20
  • グレード:240S 8人乗り
  • 色:白
  • 目立つ傷凹み無し。(年式相応の状態)
  • 修復歴なし
  • 純正ナビ付き
  • 純正アルミホイル付き
  • 故障無し
  • 車検残は6カ月

例えばこれと同じ条件の車の過去(~1か月前ぐらいまで)の出品履歴を調べると、相場が分かります。

 これが、例えば50万円だったとしましょう。

これは、どんな業者であれ、よほどの素人でなければ、プロであれば誰が見ても50万円の価値の車なのです。

 そこに、業者間の差はほとんど生まれません。

もし、あなたがこの業者オークションの相場が50万円の車を所有していたとします。

 それを買取専門店Aに持っていきました。

Aの査定額はいくらになるでしょうか?

 48万円でしょうか? 45万円でしょうか?

 

 まず、オークションに出品するだけで、手数料や成約料がかかります。

またオークションの会場に車を運ぶのに陸送費がかかります。

 

 さらに、人為的なミス等(相場の読み違い、修復歴などの見落とし)が発生した場合、最悪20万円というレベルの大損害を被ることも少なくありません。(弊社では過去に1台の取引で50万円の損害を被ったこともあります。トホホ)

そのための保険費用?という意味あいでも、45万円で買っていては、商売は成り立たないでしょうね。

 

そうですね。実際には限界で40万円~43万円ぐらいじゃないでしょうか?

この条件は、基本的に、大手であろうと、どこであろうと、ほぼ同じですよね?大手だからと言って、業者オークションの相場が上がるわけでは無いですからね。

 

 当サイトでは、常々「車の一括査定は、ナンセンス」と言い続けているのはここにあります。 

 何十社、何百社競わせようが、査定額はこの限界値を超えることはあり得ないんです。

さらに、一括査定の場合、業者側に手数料が山ほど発生することで、限界の査定額がむしろ大幅に下がる事になります。

 このあたりの事情は「車一括査定とはピラニア巣食うアマゾンに裸で飛び込むが如し」という記事を読んでくださいね。

 

 要するに、ここで言いたい事は

  • 業者が、オークションの相場を越えた金額で買取ることは100%ない

という事なのです。

 

 中古車販売についても、同じような事が言えますね。

原則として、

  • 業者がオークションの相場より安い金額で売る事はない。

ただし、販売の場合、不良在庫の処分などで、例外的に安売りすることはあるかもしれませんね。これは十分考えられる事です。

 

 さて、この仕組みが一般の人に知れ渡ると、車の買取業者や販売業者は大変困る事になりますね。

 なぜか?

  • 価格で差別化することが出来なくなる

からです。

 通常、一般的なものを販売するような場合は、

「大きい会社は独自の仕入れルートや、スケールメリット活かせるので、安い」

という印象がありますよね?

 

 しかし、中古車の場合、業者オークションの相場という、絶対的な相場があり、卸売りや仕入れの値段が完全に統一されてしまっています。

そうすると、どんなにデカい会社でも、メガチェーンであっても、売るのも買うのも同じ土俵で、しかも同じ相場なのです。

 

 それを知られてしまうと、特に中古車のような、定価の無い価格が曖昧な商品の場合、お客さんとの商談や交渉において、業者にとってのメリットは何一つありません。

そのため、今でも中古車関連業者にとって、業者オークションの存在は、なるべくなら知られたくない存在なのです。

 

【余談】あり得ない広告の話

 まれに、「うちは、オークションを通さず販売できるネットワークがあるので、業者オークションの相場より高く買取できます」

 なんて、宣伝をしている買取業者がいます。

まあ、マーケティングをかじった人なら分かると思いますが、これほどアホな宣伝文句はありません。

 そもそも、ほとんどの一般の人は業者オークションの存在すら知りませんし、仮に業者オークションの存在を知っていたら、これがあり得ないウソだという事も一目瞭然だからです。

 なぜなら、

業者オークションの相場を越えて買取するなら、初めから業者オークションで買えばいいでしょう。

 その方が、より条件を絞り込んで、いい車を選らんで、買えてさらに、その方が安くなるんですからね。

 なんでわざわざ一般のユーザーから、選べない、手間がかかる、リスクの高い車を、オークションの相場より高い金額で買う必要があるんですかね?

 誰でもウソとわかるような宣伝文句です。一般消費者をバカにしてるとしか言いようがありませんね。(笑)

今乗っているハイエースを廃車したり、下取りに出そうとしていませんか?

ハイエースは特別な車です。
なぜなら海外で最も人気のある車だからです。
そんなハイエースを廃車したり、下取りに出すと大損する事になります。
あなたがもし、ハイエースの廃車や下取りを検討しているならこの記事を一度読んでみてください。

絶対カモにならない唯一の方法(すでに一つ以上の会社で見積もりを取った人限定)

ここまで長い文章を読んでいただきありがとうございます。

 まずは、ここまで書いたことをしっかり踏まえて、車の下取りの見積もりを取ってみてください。

しかし、すでに買取業界の裏側を覗いてしまったあなたは、今度は逆に疑い過ぎて、なかなか売却に踏み切れないという症状に陥るかもしれません。

 そこで、当サイトでは、あなたがもらった下取りや買取の見積もりが適正な価格なのか、あるいは、実はその車が輸出用で、弊社で査定した場合、圧倒的に高い金額で査定できる車なのか、を判断させていただくサービスを提供することにしました。

 恐らくそのようなサービスが提供できるのは、日本全国で弊社だけだと思います。

何故なら、普通の買取業者では、基本的にどの車も欲しいので、お客さんからもらった情報は自社で何とか買取につなげようとしてしまいます。

 弊社は、「輸出用の車の買取専門店」ですので、本当に必要な車はごく一部の車種に限られます。

しかも、弊社の店舗のある大阪周辺ならともかく、離れた地域の場合、実際の車を見る事ができないため、

 輸出向きでない国内向きの中古車の場合、値段を数十万円上下させてしまう「修復歴」の確認ができず、値段の付けようがありません。(※ちなみに輸出用の車の場合、修復歴は査定価格にほとんど影響しません。)

 しかし、すでに一度業者に見せて「修復歴の有無」等がはっきりしている車の査定価格が適正かどうかは、第三者である弊社が最も適切に判断できると確信があります。

 また、もし仮にその車が輸出向きの車両であれば、輸出業者の直接買取の査定額を提示することも可能です。

 

ご自身の車の査定価格が適正かどうかをお知りになりたい場合は、下記フォームより、お問合せください。

※電話での問い合わせはご遠慮ください。メールのみの対応となります。

お名前 (必須)

地域 (必須) 例:大阪府 吹田市

メールアドレス (必須)

すでに取得している買取見積もり額 (必須)

メーカー (必須) 選択してください

車種名(トヨタ車の場合) (必須) 選択してください

車種名 (必須) 例:エクストレイル

型式はわかりますか? (必須)選択してください。
分かる今は分からない

型式(必須)

燃料の種類(必須)

駆動方式(必須)

排気量(必須)

グレード(必須) ※不明の場合は「不明」と記載ください

年式(初年度登録)(必須) 例:H8年

走行距離 (必須) 例:約19万km

車検期限 (必須) 例:H28年9月

トランスミッション(必須)

スライドドアについて(必須)

荷室のタイヤハウスについて(必須)

過去のボディーの板金または交換歴の有無(必須)
あり無し不明

板金交換歴の詳細(必須) 例:左フロントフェンダー、フロントバンパー交換

警告灯点灯の有無(必須)
あり無し

警告灯点灯の詳細(必須) 例:エンジンチェックランプ点灯

電気系統の不良等の有無(必須)
あり無し

電気系統不良の詳細(必須) 例:オーディオ不良 右パワーウィンドウ故障等々

機関類の不良の有無(必須) エンジン、トランスミッション、ラジエーター、その他の機関類の不良の有無について
あり無し

機関類の不良の有無の詳細(必須) 例:エンジン異音あり 排気白煙あり ラジエーター水漏れあり 排気漏れあり等々

車体色 (必須) 例:白

ボディーの状況やその他不具合の有無
 目立つ凹みの有無(有る場合はその詳細)、サビや腐食の有無、冠水歴の有無当

その他

電話番号(任意です。メールが届かない場合等にのみ電話で連絡させていただきます。