車の下取り・買取時に必要な書類等一覧

車買取業界の闇

車の下取り・買取時に必要な書類をまとめました。

あなたが用意するもの

※赤字は名義変更の手続きに最低限必要な書類

通常社内に保管してある書類(車検証入れ等に保管している書類)

  • 自動車検査証(車検証)
  • リサイクル預託金証明書 (紛失しても、インターネットで簡単に取得できます。再発行手順)
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車税の領収書(紛失の場合、陸運局で取得可能。買取業者によっては、不要の場合もあります)

別途、役所等で取得する必要がある書類

  • 印鑑登録証明書 (有効期限は3カ月)
  • △住民票(車検証と印鑑証明の住所が異なる場合で、その間の引っ越しが一回の場合のみ必要)
  • △戸籍の附表または住民票の除票(車検証と印鑑証明の住所が異なる場合で、その間の引っ越しが二回以上の場合のみ必要)

お家に保管しているもの

  • 実印(印鑑登録されているもの)

下取り・買取業者がひな型を用意してくれている書類

  • 委任状 (実印を押印します)
  • 譲渡証明書 (実印を押印します)
  • 自動車税の過誤納金の還付請求権譲渡証 (実印を押印します)
  • 自賠責保険承認請求書

 

上記の必要書類が見つからない場合

車検証がどうしても見つからない場合

下記のものを準備して、陸運局で手続きし、再発行してもらいます。

  • 理由書(こちらから書式を印刷できます
  • 申請者の身分証明書(運転免許証、パスポート、健康保険証等)
  • 手数料納付書(陸運局でもらえます)
  • 申請書(陸運局で購入します)
  • 再交付手数料300円(印紙を購入し、手数料納付書に貼ります)
  • 申請書の用紙代100円(申請書を購入する際に必要です)

リサイクル預託金の再発行

通常リサイクル預託金の証明書は紛失しても、問題ありません。預託済みであれば、買取業者がその場で印刷する事も可能です。もし、どうしてもご自身で再発行したい場合は下記の手順で再発行が可能です。

1.自動車リサイクルシステムHPへ移動します。

2.トップページの自動車ユーザー向けボタンをクリックします。

リサイクルトップ 

3.次ページ あなたのクルマのリサイクル料金は?をクリックします。

リサイクル2

4.次ページ 車検証の情報を下図の要領で入力していき、最後に右下の検索ボタンをクリックします。

リサイクル3

5.次ページの右下料金表示をクリックします。

リサイクル4

6.次ページ 自動車リサイクル料金の預託状況の画面が表示されたら、印刷します。(右クリックの項目の中から、印刷をクリックすれば簡単です。)この用紙が、リサイクル預託金の証明書(の代わり)になります。

リサイクル5

自賠責保険証がない

 契約している自賠責保険の保険会社に申請して、再発行してもらいます。

自賠責保険証明書の再発行手続に必要な物・書類の一覧

  • 自動車損害賠償責任保険証明書再交付申請書 (自賠責保険を加入している損害保険会社または代理店でもらえます。)
  • 印鑑
  • 保険契約者の身分証明書(免許証等)

 

自動車税の領収書も納税証明書も見つからない場合

 こちらも、紛失している場合、納税済みであれば、買取業者によっては、不要の場合もあります。

再発行が必要な場合は、自動車税管理事務所(通常陸運局敷地内に併設されています)または各都道府県税事務所で納税証明書を発行してもらえます。

必要なものは次の2点です。

  • 車検証
  • 印鑑

車検証の所有者がディーラー名義またはローン会社名義の場合の必要書類

車検証の所有者が自分以外の第三者になっている場合、

名義は、その第三者の方にあります。そのため、使用者であるあなたが、車を売却するには、第三者の名義人から、所有権解除の書類を受け取らなければいけません。

 しかし、実際は、このようなケースの場合も買取業者が、所有権解除書類の申請手続きを代行してくますので、あなたが直接手続きをする必要はありません。

 仮に、買取業者が所有権解除手続きを断ってきた場合は、

「○○○○(名義人のディーラーまたはローン会社) 所有権解除」等でネット検索すれば、所有権解除に必要な書類や手続きがウェブサイトで確認できます。

 もし、そのようなウェブサイトが無ければ、名義人に直接問い合わせをし、必要な手続きをご確認ください。 

絶対カモにならない唯一の方法(すでに一つ以上の会社で見積もりを取った人限定)

ここまで長い文章を読んでいただきありがとうございます。

 まずは、ここまで書いたことをしっかり踏まえて、車の下取りの見積もりを取ってみてください。

しかし、すでに買取業界の裏側を覗いてしまったあなたは、今度は逆に疑い過ぎて、なかなか売却に踏み切れないという症状に陥るかもしれません。

 そこで、当サイトでは、あなたがもらった下取りや買取の見積もりが適正な価格なのか、あるいは、実はその車が輸出用で、弊社で査定した場合、圧倒的に高い金額で査定できる車なのか、を判断させていただくサービスを提供することにしました。

 恐らくそのようなサービスが提供できるのは、日本全国で弊社だけだと思います。

何故なら、普通の買取業者では、基本的にどの車も欲しいので、お客さんからもらった情報は自社で何とか買取につなげようとしてしまいます。

 弊社は、「輸出用の車の買取専門店」ですので、本当に必要な車はごく一部の車種に限られます。

しかも、弊社の店舗のある大阪周辺ならともかく、離れた地域の場合、実際の車を見る事ができないため、

 輸出向きでない国内向きの中古車の場合、値段を数十万円上下させてしまう「修復歴」の確認ができず、値段の付けようがありません。(※ちなみに輸出用の車の場合、修復歴は査定価格にほとんど影響しません。)

 しかし、すでに一度業者に見せて「修復歴の有無」等がはっきりしている車の査定価格が適正かどうかは、第三者である弊社が最も適切に判断できると確信があります。

 また、もし仮にその車が輸出向きの車両であれば、輸出業者の直接買取の査定額を提示することも可能です。

 

ご自身の車の査定価格が適正かどうかをお知りになりたい場合は、下記フォームより、お問合せください。

※電話での問い合わせはご遠慮ください。メールのみの対応となります。

お名前 (必須)

地域 (必須) 例:大阪府 吹田市

メールアドレス (必須)

すでに取得している買取見積もり額 (必須)

メーカー (必須) 選択してください

車種名(トヨタ車の場合) (必須) 選択してください

車種名 (必須) 例:エクストレイル

型式はわかりますか? (必須)選択してください。
分かる今は分からない

型式(必須)

燃料の種類(必須)

駆動方式(必須)

排気量(必須)

グレード(必須) ※不明の場合は「不明」と記載ください

年式(初年度登録)(必須) 例:H8年

走行距離 (必須) 例:約19万km

車検期限 (必須) 例:H28年9月

トランスミッション(必須)

スライドドアについて(必須)

荷室のタイヤハウスについて(必須)

過去のボディーの板金または交換歴の有無(必須)
あり無し不明

板金交換歴の詳細(必須) 例:左フロントフェンダー、フロントバンパー交換

警告灯点灯の有無(必須)
あり無し

警告灯点灯の詳細(必須) 例:エンジンチェックランプ点灯

電気系統の不良等の有無(必須)
あり無し

電気系統不良の詳細(必須) 例:オーディオ不良 右パワーウィンドウ故障等々

機関類の不良の有無(必須) エンジン、トランスミッション、ラジエーター、その他の機関類の不良の有無について
あり無し

機関類の不良の有無の詳細(必須) 例:エンジン異音あり 排気白煙あり ラジエーター水漏れあり 排気漏れあり等々

車体色 (必須) 例:白

ボディーの状況やその他不具合の有無
 目立つ凹みの有無(有る場合はその詳細)、サビや腐食の有無、冠水歴の有無当

その他

電話番号(任意です。メールが届かない場合等にのみ電話で連絡させていただきます。