車の下取り相場を個人情報不要で調べる事ができるサイト3選

個人情報不要アイキャッチ

一生に数回しかない、車の売却

でも、ほとんどの人が普段あまり体験しない種類のストレスを味わいます。

 

 そのストレスの原因の多くを占めるものが

相場がわからない事」なのです。

 

 

しかし、買取相場はそう簡単にわかりません。

 多くの人が、面倒な事から逃れるため、相場も知らずに、ディーラーの下取り価格を鵜呑みにして、

そのまま売って大失敗していのが現状です。

 

 そして、ネットで相場を調べようとすると、まず引っかかってしまうのが、

車の一括査定サイトまたはその誘導ページです。

 

 前回は「車の一括査定では、絶対に車の相場はわからない

という記事を書きました。 

 相場を調べるために一括査定に登録することだけは絶対にやめましょう。

売る気のない人に、登録されると買取店側も大変な迷惑をこうむる事になります。

 

一方、ほんとに大体でいいので、

 「なんとか、個人情報を入れないで、サクッと相場を調べる方法はないか???

っという切なる願いも依然としてあります。

 

 というわけで、今回は、本当にざっくりと、大体の相場の大枠イメージをつかめる、個人情報不要でサクッと見れるサイトをまとめてみました。

 ただし、買取業界に潜入した、筆者が実際も時々、参考にしていますが、

あまりにも現実と違う価格を表示しているサイトもありますので、今回は信頼のおけるサイト順に並べてみました。

評価の基準として

 弊社が最近、実際にお客さんから買取した車両で、シュミレーションしてみました。

車両情報

  • ハイエースワゴン
  • 年式:平成10年
  • 型式:KD-KZH106W
  • 走行距離:310,000km
  • グレード:スーパーカスタムG
  • 車の状態:年式相応の傷、凹み

本来の買取相場の読み方

 車の買取価格は、本来、業者同市の卸売り市場である、業者オークションの相場にもとづいて計算されます。

(業者オークションの説明はこちら)。

 上記の車の状態に近いものを実際の業者オークションの直近のデータから探し、相場を確認してみます。

 こちらのデータが非常に近いので、こちらが業者オークションの相場になりそうですね。↓

車両情報

 成約16万円という価格となっています。

これは、下取りや買取をした業者が、別の業者(中古車屋さん、輸出業者等)に、オークションで転売した際の価格です。

 つまり、買取相場は、この16万円から、オークションに出品する経費(出品成約料、陸送費等々)と買取店の粗利益を差し引いた金額となります。

( 今回のケースの買取相場 ) 

16万円から、オークションに出品する経費と、買取業者の粗利益を差し引くと、

買取相場は 最低ライン2万円程度  限界ライン9万円程度 の予想となります。

 

 では、本題にまいります。

この例の車で、

買取相場を、個人情報無料で下取り・買取相場を調べられる話題の3サイト(アプリ)で

調べてみました。 以下はそのサイト(アプリ)と結果です。

信頼度No.1 ★★★★× Gooクルマ買取査定lite (i-phone, android アプリ)

http://www.goo-net.com/ipn/about/satei/litelp.html

http://www.goo-net.com/ipn/about/satei/litelp.html

まずは、Goo買取査定lite です。

こちらは、中古車サイトGoo-netが配布している、スマホ・タブレット用のアプリです。

 スマホ限定であるため、残念ながらパソコンでは使用ができません。

28年7月14日追記

パソコンで同じように調べることのできるサービスが始まったようです。しかもアプリではなく、ネット上で全て完結です。画面はスマホ用サイトなので、見づらいですが、結果は全く同じです。

スマホでカンタンクルマ査定

28年10月13日追記

なんと!!ついにアプリ自体が無くなってしまいました!!

 やはり、買取業界からのクレームでしょうか・・・・ある意味、それほど買取相場の核心を突く、ヤバいアプリだったという事の裏返しでしょう。

これまでも、PCで見れるようになったり、ならなかったり・・・を繰り返してきたアプリですので、

また復活を期待しましょう。

 ちなみに、一度アプリとして、インストールしてしまえば、まだ使えるようです。

 

もし復活した際は迷いなく、入れておきましょう!!

 

Goo買取査定liteの結果

IMG_1934

参考価格46500円と算出されました。

 傷、凹みの入力はしていませんが、この年式であれば、多少の傷へこみではオークションの相場はそれほど変わりませんので、

 このあたりが実際の買取の相場でしょう。

今回、久々に使用してみて、このアプリの査定の精度には改めて感心させられました!

 

 無料でここまで調べられれば、かなり安心して、車の売却ができますね。

便利になったものです。

このアプリの問題点

実際、使用にいくつかの問題があるので、箇条書きにしておきます。

  • パソコンでは使用できない(スマホ・タブレットがないと使用できない) 
  • 動作が不安定(年式/車種/グレードから査定≫ というボタンを押すとダウンする等々)
  • 最新iphoneのOSに対応していないらしい。
  • 全ての車のデータが見られるわけではない。

総評

参考価格としては100点満点の信頼度ですが、肝心のシステムがいまいちなので、

★4つとさせていただきました。

恐らく、データー自身はきちっと更新しているが、システムの更新はされていないのだと思います。

信頼度No.2 ★×××× トヨタ下取りシュミレーション

http://toyota.jp/service/tradein/dc/top

http://toyota.jp/service/tradein/dc/top

 

 

 

 

 

 

続いては、天下のトヨタ様の登場です。

 こちらは見るからに期待が持てそうです。なんたって世界No.1自動車企業の神様トヨタ様ですからね。

ん??しかしよく見ると

 入力項目が

  • メーカー名
  • 車種名
  • 年式 

のみ 「んっ??」 、最重要項目である「走行距離」の項目が無い。

しかも、平成11年以降しか、年式が選べない・・・雲行きが怪しい

次のページに移ると

  • ドア枚数、型式 

の選択画面が・・・選択して次のページへ

  • グレード選択

「いや・・・グレードとかより、走行距離は?・・・」

気にせず次ページへ

結局走行距離は入力できずそのまま結果画面へ

 

結果画面

toyota kekka

参考価格(消費税込み)11万円

また、微妙な金額提示していますが、そもそも走行距離を入力していない時点で、全くあてにならない数字ですね。

 仮に走行距離が10万km以内なら、安すぎもいいところだし、

 今回のように30万kmの車を11万で下取りなんて、100%あり得ないし。

いずれにしても、何を根拠にこの金額を提示しているかは、全くわかりません。

このサイトの問題点

  • 必要最低限の入力項目がない
  • 一応なにかしらの根拠があるのかもしれないが、価格の根拠が不明

総評

 システムとしてはよくできているのかもしれないですが、アバウトすぎて、出てきた結果が何を示しているのかは全く不明。

 やるだけ時間の無駄ですね。

他の車でも、一応やってみましたが、総じて実際の買取相場よりあり得ない数段高い金額を出しています。

 変な期待を持たせるだけの、無意味シュミレーションなので、何の参考にもなりませんでした。

 

信頼度No.3 ★×××× 日産:下取り参考価格シュミレーション

http://tradein.nissan.co.jp/MAKER/

http://tradein.nissan.co.jp/MAKER/

 続いて、日産の下取りシュミレーションのサイトです。

 こちらもディーラー系の下取りシュミレーションのなので、一見、期待ができそうですね。

っと、画面を進んでみましたが、

 

 シュミレーション結果

nissan kekka

シュミレーション結果15.5万円~25.5万円

 案の定の結果ですね。

むちゃくちゃな結果です。

 

 まず、相場を調べるのに、走行距離というほぼ最重要項目が無い時点で、話になりません。

 

表示されている15.5万円も、何をもってこれが、最低基準なのかわかりません。

 

 仮にオークション相場16万円のこの車を、15.5万円で下取りしたら、

経費もろもろを差し引くと、少なくとも5万円以上は損する計算になります。

 

 っていうわけで、素人はこれで満足するかもしれませんが、裏事情を知っている我々からすると、

このデータ出されると、信頼度は無しに等しいですね。

このサイトの問題点

  • 必要最低限の入力項目がない
  • 一応なにかしらの根拠があるのかもしれないが、価格の根拠が不明
  • ○○円~△△円 といかにもな数字を出しといて、かなりデタラメな数字を表示している

総評

 こちらもトヨタのシュミレーション同様、走行距離が入れらない時点で、やっても無駄なシュミレーションですね。

 時間の無駄なので、やめておきましょう。

トヨタ同様、総じてハチャメチャな高めの金額が出る事が多いです。

 こちらも、無意味に期待を持たせるだけのシュミレーションなので、何の参考にもなりませんでした。

個人情報のいらない査定サイト(アプリ)を比較した結果

やはり、無人のシステムを利用して、下取り・買取相場を知らべる事はなかなかできないようです。

そんな中でも、Goo査定liteはかなり優秀です。

 もし、このアプリが使えるなら、システムは相当不安定ですが、無料なので、ある程度は我慢してシュミレーションしてみてください。

 他のディーラー系シュミレーションは、何の参考にもならないので、使用するのは個人の自由ですが、あてにしないようにした方がよさそうですね。実際にディーラーに持っていけば、相当がっかりする事になると思います。

 

 さて、今回は、あらかじめ、どこかの業者が作ったシステムで簡単に相場を調べる方法を書きましたが、

もう少し、時間をかければ、もっとより正確に相場を調べる方法もあります。

 

 次回記事でそちらをまとめたいと思いますので、ご期待下さい。(記事が出来上がり次第、こちらにリンクを張りますので、こうご期待を)

 また、ネットでいろいろ調べると、

一括査定や、その誘導サイトに迷い込んでしまいますが、

一括査定サイトを利用しても、買取相場を調べる事は絶対できませんので、

 大変な目に遭う前に、下記の記事↓も事前に読んでみてください。

車一括査定はしつこい上に、相場は絶対に分からない!なぜ?

2016.02.25

少しでも役になったと思ったらぜひ下記ボタンよりシェアをお願いします。↓