プリウスの維持費を試算して他と比べてみたらえらいことになった!

車は持っているだけでも、とてつもなく維持費が高い。

 だから、少しでもガソリン代のかからない車といえば・・・

やはりプリウスでしょう

 

 しかし、実際プリウスの維持費はどれくらいなのでしょうか?

まずは、新車で購入した場合の維持費について紹介します。

プリウスを新車で購入した場合の維持費

画像参照元:http://toyota.jp/prius/grade/special/

画像参照元:http://toyota.jp/prius/grade/special/

  • 税金
  • 保険
  • 車検費用
  • ガソリン代
  • 駐車場代

について検討していきましょう。

シュミレーションを行う上での設定について

車設定 新車購入から3年間の設定
走行距離の設定 年間走行距離約1万km走行という設定
任意保険の設定 任意保険はSBI損保を利用(自賠責はどこでも同じ金額)
車検費用の設定 三年後の初回車検を民間整備工場で依頼した場合の設定
駐車場代 月15000円という設定
オイル・フィルター交換頻度 オイル5000km毎・フィルター10000km毎

試算結果を見ていこう

 

税金代

  • 自動車税・・・自動車税のグリーン化特例によりにより初年(初回)9,875円、2年目以降は通常の39,500円(29年3月31日までに新車登録の場合)

3年間の自動車税=9,875+39500×2=88,875

1年あたりの平均=88,875÷3=29,625円(1年分)

  • 重量税・・・エコカー減税により新車から3年間分が100%免税で無料になる(29年4月30日までに新車登録の場合)

3年間の重量税=0円

1年あたりの平均=0円(1年分)

 

保険代

  • 自賠責保険・・・初回車検期間分+1か月で37か月分で契約した場合

3年間の自賠責保険料=40,040円

1年あたりの平均=13,346円(1年分)

  • 任意保険・・・SBI損保で車両保険を付けた場合(節約プラン自動車保険あり。新車購入の設定なので、車両保険は必須でしょ~!

3年間の任意保険料=184,950円 ※様々な条件により金額は異なります

1年間の任意保険料=61,650円(1年分)※様々な条件により金額は異なります

 

車検費用

  • 車検費用・・・車検基本費用と印紙代のみ (自賠責や税金関連は上記ですでに計算済みのため)

3年目の車検費用=約40,000円 ※民間整備工場の相場から予想しています。

1年間あたりの費用=約13,000円(1年分)

 

ガソリン代

3年間のガソリン代 = 30000÷23×122.5=159.783円

1年間あたりのガソリン代 = 159.783÷3 =53,261円(1年分)

 

駐車場代

  • 駐車場代・・・1月あたり15000円とします。実情に合わせて計算してください。

3年間あたりの駐車場代=15000円×36=540,000円

1年間あたりの駐車場代=540,000円÷3=180,000円(1年分)

 

その他(オイル交換・フィルター交換費用)

  • オイル・フィルター費用・・・5000km毎にオイルを交換し、10,000km毎にフィルターを交換するとします。3年間で30,000km走行すると仮定します。オイル交換1回5000円、フィルター交換で3500円とします。

3年間あたりのメンテナンス費用・・・30000÷5000×5000+30000÷10000×3500=40500円

1年間あたりのメンテナンス費用・・・40500円=13500円(1年分)

 

プリウスの1年あたりの維持費トータルは?

上記の各項目の1年分をまとめます。

自動車税(1年分) 29,625円
重量税(1年分) 0円
自賠責保険料(1年分) 13,346円
任意保険(1年分) 61,650円
車検費用(1年分) 13,000円
ガソリン費用(1年分) 53,261円
駐車場代(1年分) 180,000円
オイル・フィルター費用(1年分) 13,500円
   
維持費トータル(1年分) 364,382円

試算した結果

一年間のトータル維持費は 約36万5千円

一か月あたり維持費 約3万円

という試算結果となりました。

プリウスの維持費は他と比較するとどれくらい安いの?

プレミオ2.0G EX(新車価格が同等のセダン)の場合

画像参照元:http://toyota.jp/premio/

画像参照元:http://toyota.jp/premio/

  プリウス プレミオ2.0EX
自動車税(1年分) 29,625円 39,500円
重量税(1年分) 0円 12,300円
自賠責保険料(1年分) 13,346円 13,346円
任意保険(1年分) 61,650円 62,690円
車検費用(1年分) 13,000円 13,000円
ガソリン費用(1年分) 53,261円 123,862円
駐車場代(1年分) 180,000円 180,000円
オイル・フィルター費用(1年分) 13,500円 13,500円
     
維持費トータル(1年分) 364,382円 458,198円 

プリウスの方が年間で 458,198円 – 364,382円=93,816円

得するという試算結果になりました。

表を見ると、わかりますが、その差はほとんがガソリン代の違いという事ですね。

あなたが下取りに出そうとしている車は下記に該当しませんか?

  • 2000cc以下のトヨタ車全般
  • 古めのトヨタのワンボックス
  • オフロード系の四駆
  • ハイエースバン、その他マニュアルの商用系バン
  • 古い2トン以下の平ボディーのトラック、ダンプ
  • マイクロバス
  • 古めのスポーツカー(マニュアルのもの)
  • 左ハンドルの車
  • 2000ccクラスのベンツ、BMW(セダン)

実は、下取りで引き取られる上記のような車の多くは、転売、転売を経て、最終的に中古車として海外へ輸出されています。

 このように輸出される車は、国内お中古車としては、需要がほとんどない上に、輸出業者にわたるまでの転売手数料ががさむため、一般の下取り(買取)ではほとんど値段がつかないケースや場合によっては、処分料を請求されるケースも多いです。

 弊社、車両輸出代行センターは、そのような輸出用の車を専門に直接買取、直接輸出をしている中古車輸出業です。

 上記のような車両の下取り、買取をご検討されている方は、下記ボタンより、

海外人気車種の一覧

 をご確認の上、メールによる概算査定(電話番号は任意です)のお問合せいただければ幸いです。

 

ABOUTこの記事をかいた人

山本 剛

略歴:青年海外協力隊員(ドミニカ共和国)を経て、大阪府の高校教諭(数学)になる。7年間教師を務める。その後一念発起し、教師を退職。そして現在の「輸出用の車買取専門店 車両輸出代行センター」を立ち上げ、現在にいたる。日本の車を必要としている主に途上国の人々に届けるため、日々このブログを更新している。