【日本一わかりやすい】2018年最新版のエコカー減税・グリーン化特例まとめ

ハイブリッド車

2018年(平成30年)になり、エコカー減税の対象となる車の基準は厳しくなっちゃました。

 でも、その代わり、今まで、ややこしかった概要がスッキリ爽快にわかりやすくなりましたよ

 

今後、現行のエコカー減税が終了するまでの期限内に、新車購入を検討しているあなた向けに、

これまで、とても分かりにくかった、「エコカー減税」「グリーン化特例」を徹底解剖しましたので、是非ご一読ください。

 

エコカー減税とは?

一定の燃費基準を満たしている車に対し、

  • 自動車取得税※1
  • 重量税※2

をその能力性能に応じて、減税する制度

※1自動車取得税とは

新車の場合は、購入時の諸費用にまぎれて、(知らない間に??)取られている税金です。

中古車の場合も、名義変更の登録時の際に徴収される場合があります。

 取得税の計算方法についてはこちらが参考になります。

※2重量税とは

車の重量に応じて決まる税金(軽自動車は定額です)です。

車検の時に、どさくさにまぎれて徴収されるやつですね。新車の場合は、諸費用の中できっちり取られているはずです。

 「重量税の早見表」にて、あなたの車の重量税を確認しておきましょう。

グリーン化特例とは?

一定の排ガス基準や、燃費基準を満たしている車に対し

  • 自動車税※3

をその能力性能に応じて、減税する制度

ただし、減税されるのは、新車登録された翌年の自動車税となります。

※3自動車税とは

4月1日時点で、廃車していない車を持っている人にかかる税金です。

車検とは別に、毎年5月頃になると、請求が来る不幸の手紙みたいな例のやつですよ。

わかりますかね??

 

 減税されるのが、翌年の自動車税になる理由は、年度の途中の登録でも、丸々1年分の減税をするためという理由でしょうね。

あなたの車の自動車税はいくらか??「自動車税をサクッと調べるページ」で確認してみてくださいね。

 

それにしても、エコカー減税、グリーン化特例、わざわざ名前を分ける意味はあったのでしょうか??なぜ日本政府はこうも、一般市民をかく乱しようとするのでしょうか?

謎ですね。

 

エコカー減税・グリーン化特例の期間はいつまで

2018年(平成30年)の現行のエコカー減税・グリーン化特例の対象期間は次のようになっております。

エコカー減税の対象期間

  • 自動車取得税・・・平成30年4月1日から平成31年3月31日 です。
  • 重量税・・・平成30年5月1日から平成31年4月30日 です。

この期間に新車新規登録を行った場合に適用となります。一部のエコカーの重量税については、その次の車検時も適応される場合があります。

つまり、減税といっても、基本的には最初の1回(一部は2回)の税金が減税されるという事ですよ。毎回減税されるわけではありません!!ここを勘違いしてはいけませんね。

グリーン化特例の対象期間

  • 自動車税・・・平成29年4月1日から平成31年3月31日 です。

の期間に新車登録を行った場合、その翌年度の自動車税が減税されます。

 こちらも減税されるのは1回こっきりです。

エコカー減税対象車(グリーン化特例対象車)とは

2018年(平成30年)の現行のエコカー減税、グリーン化特例の対象車は非常にシンプルになっておりますよ!

次のいずれかに該当する車です。

  • 電気自動車
  • 燃料電池自動車
  • 天然ガス自動車(平成21年排ガス規制Nox10%以上低減又は平成30年排ガス規制適合)
  • プラグインハイブリッド自動車
  • クリーンディーゼル乗用車(平成21年排ガス規制Nox10%以上低減又は平成30年排ガス規制適合)
  • 平成32年度燃費基準+50%達成車
  • 平成32年度燃費基準+40%達成車
  • 平成32年度燃費基準+30%達成車
  • 平成32年度燃費基準+20%達成車
  • 平成32年度燃費基準+10%達成車
  • 平成32年度燃費基準達成車

以上です。

(朗報)平成27年燃費基準+○○%達成車は、現行の新車には存在しないので、無視して結構です!

 

ビッグ減税車とスモール減税車について

これは正式名称ではありませんが、この後の減税率の説明をするにあたり、

このサイトでは、エコカー減税(グリーン化特例)の対象車を二つのカテゴリーに分けています。

それぞれの対象は次のようにしました。

 

ビッグ減税車とは

  • 電気自動車
  • 燃料電池自動車
  • 天然ガス自動車(平成21年排ガス規制Nox10%以上低減又は平成30年排ガス規制適合)
  • プラグインハイブリッド自動車
  • クリーンディーゼル乗用車(平成21年排ガス規制Nox10%以上低減又は平成30年排ガス規制適合)
  • 平成32年度燃費基準+50%達成車

ビッグ減税車については、一律の減税率が適応となります。

スモール減税車とは

  • 平成32年度燃費基準+40%達成車
  • 平成32年度燃費基準+30%達成車
  • 平成32年度燃費基準+20%達成車
  • 平成32年度燃費基準+10%達成車
  • 平成32年度燃費基準達成車

となります。スモール減税車は、それぞれの燃費基準のパーセンテージに応じた減税率が適応されます。

 

車種毎のエコカー減税対象車(グリーン化特例対象車)

全てのメーカーのすべての対象車を列挙してみたら、とんでもないボリュームになってしまったので、

これについては、別記事にまとめました。

「各メーカーの新車の”エコカー減税対象車”と減税率【平成30年度最新版】まとめ」

の記事で、自分の狙っている車が対象であるかどうか、

また、その減税率がどの程度なのか、確認してみくださいね。

 

エコカー減税・グリーン化特例の概要(減税率の表)

2018年(平成30年)度にはいり、とてもシンプルにまとめる事ができたので、

下記の表をみてください。

乗用車(普通車の場合)

  エコカー減税 グリーン化特例
取得税(減税率) 重量税(減税率) 自動車税(減税率)
ビッグ減税車 100% 100%×2回 75%

スモール減税車

+40%達成車 100% 100%×2回 75%
+30%達成車 80% 75%×1回 75%
+20%達成車 60% 75%×1回 50%
+10%達成車 40% 50%×1回 50%
(+0%)達成車 20% 25%×1回 減税なし

乗用車(軽自動車の場合)

  エコカー減税 グリーン化特例
取得税(減税率) 重量税(減税率) 自動車税(減税率)
ビッグ減税車 100% 100%×2回 50%

スモール減税車

+40%達成車 100% 100%×2回 50%
+30%達成車 80% 75%×1回 50%
+20%達成車 60% 75%×1回 25%
+10%達成車 40% 50%×1回 25%
(+0%)達成車 20% 25%×1回 減税なし

 

今乗っているハイエースを廃車したり、下取りに出そうとしていませんか?

ハイエースは特別な車です。
なぜなら海外で最も人気のある車だからです。
そんなハイエースを廃車したり、下取りに出すと大損する事になります。
あなたがもし、ハイエースの廃車や下取りを検討しているならこの記事を一度読んでみてください。

絶対カモにならない唯一の方法(すでに一つ以上の会社で見積もりを取った人限定)

ここまで長い文章を読んでいただきありがとうございます。

 まずは、ここまで書いたことをしっかり踏まえて、車の下取りの見積もりを取ってみてください。

しかし、すでに買取業界の裏側を覗いてしまったあなたは、今度は逆に疑い過ぎて、なかなか売却に踏み切れないという症状に陥るかもしれません。

 そこで、当サイトでは、あなたがもらった下取りや買取の見積もりが適正な価格なのか、あるいは、実はその車が輸出用で、弊社で査定した場合、圧倒的に高い金額で査定できる車なのか、を判断させていただくサービスを提供することにしました。

 恐らくそのようなサービスが提供できるのは、日本全国で弊社だけだと思います。

何故なら、普通の買取業者では、基本的にどの車も欲しいので、お客さんからもらった情報は自社で何とか買取につなげようとしてしまいます。

 弊社は、「輸出用の車の買取専門店」ですので、本当に必要な車はごく一部の車種に限られます。

しかも、弊社の店舗のある大阪周辺ならともかく、離れた地域の場合、実際の車を見る事ができないため、

 輸出向きでない国内向きの中古車の場合、値段を数十万円上下させてしまう「修復歴」の確認ができず、値段の付けようがありません。(※ちなみに輸出用の車の場合、修復歴は査定価格にほとんど影響しません。)

 しかし、すでに一度業者に見せて「修復歴の有無」等がはっきりしている車の査定価格が適正かどうかは、第三者である弊社が最も適切に判断できると確信があります。

 また、もし仮にその車が輸出向きの車両であれば、輸出業者の直接買取の査定額を提示することも可能です。

 

ご自身の車の査定価格が適正かどうかをお知りになりたい場合は、下記フォームより、お問合せください。

※電話での問い合わせはご遠慮ください。メールのみの対応となります。

お名前 (必須)

地域 (必須) 例:大阪府 吹田市

メールアドレス (必須)

すでに取得している買取見積もり額 (必須)

メーカー (必須) 選択してください

車種名(トヨタ車の場合) (必須) 選択してください

車種名 (必須) 例:エクストレイル

型式はわかりますか? (必須)選択してください。
分かる今は分からない

型式(必須)

燃料の種類(必須)

駆動方式(必須)

排気量(必須)

グレード(必須) ※不明の場合は「不明」と記載ください

年式(初年度登録)(必須) 例:H8年

走行距離 (必須) 例:約19万km

車検期限 (必須) 例:H28年9月

トランスミッション(必須)

スライドドアについて(必須)

荷室のタイヤハウスについて(必須)

過去のボディーの板金または交換歴の有無(必須)
あり無し不明

板金交換歴の詳細(必須) 例:左フロントフェンダー、フロントバンパー交換

警告灯点灯の有無(必須)
あり無し

警告灯点灯の詳細(必須) 例:エンジンチェックランプ点灯

電気系統の不良等の有無(必須)
あり無し

電気系統不良の詳細(必須) 例:オーディオ不良 右パワーウィンドウ故障等々

機関類の不良の有無(必須) エンジン、トランスミッション、ラジエーター、その他の機関類の不良の有無について
あり無し

機関類の不良の有無の詳細(必須) 例:エンジン異音あり 排気白煙あり ラジエーター水漏れあり 排気漏れあり等々

車体色 (必須) 例:白

ボディーの状況やその他不具合の有無
 目立つ凹みの有無(有る場合はその詳細)、サビや腐食の有無、冠水歴の有無当

その他

電話番号(任意です。メールが届かない場合等にのみ電話で連絡させていただきます。