ボロエース

「ボロエース」といえば、”ボロい”ハイエースまたはレジアスエースをイメージすることでしょう。

勿論、一般的にはその意味で間違いないありません。

 しかし、当ブログのタイトルの「ボロエース」は

 ボロくても、世界中で、中古車のエースとして活躍する車としての、ハイエース、レジアスエースを意味してこのブログタイトルを使っています。

ハイエース買取専門店のブログ「ボロエース」とは?

当サイト「ボロエース」は、ハイエースの買取専門店「車両輸出代行センター」が運営するブログです。

主に

  • ハイエースを売却する人に有益な情報
  • 車の売却を検討している人に、有益な情報

を発信しています。

ネット上の「車買取の関連情報」はデタラメばかり

ネット上の「車買取の関連情報」はデタラメばかり

ネット上の車買取関連情報はデタラメばかりで困っていませんか?

 特に一括査定サイトなどは、メリットばかりを強調していて、ついつい問い合わせをすると、「鬼電話地獄」「鬼の実物査定地獄」「営業マンが帰ってくれない地獄」など、後々大変な目に合う人が後を絶ちません。

 だからと言って、何の情報もなく、いきなり大手の買取店に持ち込みすれば、足元を見られます。

 

車の売却において、情報は「あなたが手にするお金」そのものです。

 しかし、肝心の事実は、ネット上でなかなか知る事ができません。

 

当サイトはそんな人にとって、最も有益な情報が得られるサイトだと思います。

「ボロエース」が他の車買取情報サイトとあきらかに違う点とは?

「ボロエース求む」が他の車買取情報サイトとあきらかに違う点とは?

そもそも、ネット上の車の下取りや、買取関連情報は、ほとんどがデタラメの情報だと言い切れるその根拠をご説明しましょう。

まず、車の下取り・買取に関する情報を書いているのは、基本的に以下の3者です。

  • 車の買取専門店
  • 一括査定業者など、買取店と車を売る人の間に入る業者
  • アフィリエイター

 

車の買取専門店の記事について

買取専門店は、車を安く買って、業者のオークションで売って利益を上げるビジネスモデルです。

しかし、その業者のオークションの相場は、自分達でコントロールができない、ほぼ決まった相場です。そこで相場より高く売るという事はどんなに努力しても不可能です。

つまりは、あなたから、いかに安く買うかで、彼らの利益が決まります。

 車を高く売りたいあなたと、相反する目的で車を買うため、記事にデタラメが入りやすくなります。

間に入る業者の記事について

間に入る業者は、実際に車を買取をしていません。

とにかく、車を売りたい人の個人情報と、車の情報を集めて(問い合わせを集めて)、その情報を買取専門店に渡せば、お金が入る仕組みです。

そのため、「とにかく高く売れる」とデタラメを書けば書くほど、利益が上がる仕組みなので、デタラメ情報になりやすい傾向があります。

アフィリエイターの記事について

アフィリエイターは、上の間に入る業者(一括査定業者など)のwebサイトに車を売りたい人(読者)を誘導する記事を書いています。

 読者を誘導するだけで利益が入りますので、内容はデタラメであろうが、問題ありません。そのため、デタラメ記事になりやすい傾向があります。

 

「ボロエース」の記事は?

我々は、輸出用のハイエース(国内では買い手がつかないような、乗りつぶされたハイエース)の買取専門店です。

 つまり、一般的な「なんでも買取専門店」ではありません。

記事を読まれる読者のほとんどは、我々の直接のお客様ではありません。また、別の買取専門店へ誘導することもありません。

 とにかく、本当の情報を公開することで、沢山の読者を集め、滅多にいない「古いハイエース」を売りたい人と出会う機会を得るために、沢山の事実を書いています。

 デタラメだらけのネット上で、同じようにデタラメを書いていては、せっかく記事を書いても誰にも読んでもらえません。

 一般的な車買取関連サイトが絶対に書かないような内容を記事にしています。

 

車の売却は、「情報」=「お金」になります。

車を売る人にとって、当サイトの記事を読むか、読まないかで、10万円の違いが出るようなサイトを目指して日々記事を書いています。

 

記事カテゴリ

ハイエースの買取に関する記事

ハイエースを売却する人が必ずはじめに読むべき記事

「世界中が欲しがるハイエースの真の買取査定相場と究極の売却術とは?」

 

ボロエースの実際のハイエースの買取相場表を公開しています

「ハイエースの実際の買取相場表を公開しました」

 

その他ハイエースの買取に関する情報

「ハイエース買取に関する記事一覧」

車の下取り・買取に関する記事

車の下取りや買取を検討している人が必ず最初に読んでおくべき、買取業界の裏側を書いた記事(かなり長い記事です)

「【車の下取り】を検索する人が車買取業界で”カモ”と呼ばれる理由」

 

「面倒なので、大手の車買取専門店にとりあえず行ってから考えよう」と思って入る人向けの記事

「車の下取り・買取業界あるある!こんなカモに来て欲しいベスト5」

 

その他車の下取り・買取全般に関する記事

「車買取業界の闇に関する記事一覧」

ハイエースをご売却の方へ

乗りつぶしたハイエースをご売却の予定の方は

「輸出業者のハイエース直接買取専門店 ボロエース カウボーイ」

 

実際に弊社が過去に買取させていただいた事例集

「ハイエースの買取事例一覧」

その他最新記事一覧

最新記事一覧

 

我々が「ボロエース」を探している理由

ボロエースとは、いわゆる乗りつぶされた、年式が古かったり、過走行であったりするハイエースを意味します。

 なぜ、弊社はわざわざ、ボロエースを求めているのでしょうか?

それは、日本では「ボロ」だとしても、実はそれを必要としている人達がいるからなのです。

参照元:https://www.picuki.com/media/2320358585866749661

見渡す限りのハイエース。これはウガンダの首都カンパラのタクシー広場の写真です。

 

 写真一杯に並べられた、タクシーをよくみて下さい。ほとんど100系または、それ以前のハイエースバンである事が分かります。

 これらの車はアフリカで生産された車ではありません。全て日本で乗りつぶされたハイエースが船に乗って現地に届けられたものです。

 恐らく走行距離は、20万kmや30万kmではありません。

50万km以上。場合によっては、メーターが一周回りきっている車もある事でしょう。

 

 我々がハイエースにこだわる理由は、もう分かりますね。

世界広しといえど、ここまで耐久性に富んだ車は、ハイエースを除いて他にありません。

 

 その信頼度は、自動車(新車)王国である日本ではなく、むしろ海外の発展途上の国々において圧倒的なのです。

日本では「不要」になったハイエースが海外では不足しています

日本では「不要」になったハイエースが海外では不足しています

乗りつぶしたハイエースとなると、ディーラーの下取りなどでは「0円」「廃車費用がかかる」などと言われる事があります。

 日本では数ある車種の内の一つに過ぎないハイエースですが、

海外では、その耐久性において、圧倒的に選ばれています。

 しかも、それは一つの国だけではありません。世界中の国でハイエースは必要とされている現実があります。

 

 そんなハイエースなので、とにかく数が不足しています。

ですので、弊社では買取の際、一般の買取店のようなネチネチした交渉は一切行っていません。

また、新しくて、十分国内で通用するようなハイエースの場合は、買取をお断りさせていただく場合もございますが、とにかく台数を必要としていますので、ご売却の際はお気軽にお尋ねください。

 詳細は下記リンクからどうぞ

「輸出業者のハイエース直接買取専門店 車両輸出代行センター」

 

フォームから無料概算査定が可能です

お名前 (必須)

地域 (必須) 例:大阪府 吹田市

メールアドレス (必須)

車種名 (必須) 選択してください

グレード(バンの場合) (必須)選択してください

グレード(バンの場合) (必須)選択してください

グレード(ワゴンの場合) (必須)選択してください

型式がわかりますか? (必須)選択してください。

型式(必須)

燃料の種類(必須)

駆動方式(必須)

年式(初年度登録)(必須) 例:H8年

走行距離 (必須) 例:約19万km

車検期限 (必須) 例:H28年9月

トランスミッション(必須)

スライドドアについて(必須)

荷室のタイヤハウスについて(必須)

車体色 (必須) 例:白

車の状態

その他

電話番号(任意です。メールが届かない場合等にのみ電話で連絡させていただきます。

電話による問い合わせも可能です。

車両輸出代行センター フリーダイヤル

「ハイエースの概算査定の件で」とお伝えください。

※しつこい後追い電話等は一切ございません。

今乗っているハイエースを廃車したり、下取りに出そうとしていませんか?

ハイエースは特別な車です。
なぜなら海外で最も人気のある車だからです。
そんなハイエースを廃車したり、下取りに出すと大損する事になります。
あなたがもし、ハイエースの廃車や下取りを検討しているならこの記事を一度読んでみてください。