ハイエースの買取専門店ならボロボロエースカウカウ

または電話による無料概算査定

ハイエース所有者Aさん
20年落ちのハイエース。さすがにだれも買わないだろうな・・・もう廃車?するしかないよな・・・
ハイエース所有者Bさん
仕事で乗りつぶした走行30万kmのハイエース。ディーラーの下取りには「普通なら処分料が必要だけど、新車に乗り換えなら無料で引き取る」と言われた・・どうしようかな
ハイエース所有者Cさん
大きな凹み多数、サビでボロボロのハイエース。買取専門店に持っていったら、「修理費がかかりすぎるので、売り物にならない。1万円なら引き取ってあげてもいい」と言われた。
ハイエース所有者Dさん
古いハイエースは高く売れる事は知っているけど、あれこれ探すのは面倒だし、ネチネチした交渉をしたくない・・・・簡単に、あっさりと本当の値段を教えてくれる業者はないかな・・・
日本で乗りつぶされた中古ハイエースはスクラップになるわけではなく、ほとんどが海外にそのまま輸出されていることを知っていますか?
ウガンダのタクシー広場は見渡す限り古い100系のハイエースだらけ

ウガンダのタクシー広場の写真。見渡す限りの車は実は全て日本から輸入された100系以前のハイエースバンです。

古いハイエースの売却ならもう迷う必要はありません。なぜなら ボロボロエースカウカウは輸出業者である株式会社Direct Stock Japanが運営する古いハイエースの買取専門店だからです

輸出業者によるハイエースの直接買取とは?

一般的なハイエースの流通

一般的なハイエースの流通
  • 一括査定業者
  • ディーラー・買取専門店
  • 業者オークション

などを経由するため、その都度、手数料・陸送費用などが必要になり、車の価値がどんどん下がる。

ボロボロエースカウカウの場合

輸出業者のハイエース流通経路

最終目的地である、輸出業者にダイレクトに売却できる!

ハイエースの買取なら

どんなハイエースでもOK ボロボロエースカウカウの3大メリット 差額で奥様に旅行をプレゼント
  • 一般買取との差額は最大30万円。決して大袈裟ではありません。
  • 差額で奥様にサプライズ旅行をプレゼント!
  • 差額で、次の車のグレードをワンランクアップ!
  • 差額で・・・・etc…..とにかく使い道は無限大!
 驚きの査定額
  • 一般買取によくある「希望額はいくらですか?」のようなネチネチした交渉一切無し!
  • 査定額は最初から限界額を提示。後から交渉したり、査定額を下げたりすることも一切無し!
  • 古いハイエースは、世界中で人気があり、とにかくハイエースが足りていません!
  • スピード最優先のため、電話であっさり概算査定、さらに写真ですぐに査定額が確定
  • 電話番号不要の査定フォームから、メールでの概算の査定も可能です!
ハイエース途上国の人々のライフライン
  • 弊社の主要取引先の東アフリカでは、ハイエースが乗り合いのバスとなり、市民のライフラインとして大活躍しています。
  • 必要とする人に最短距離で届けたという爽快感は、一般買取では味わえませんね。

※全てのハイエースが輸出されるわけではありません。

現在のハイエースの買取相場(ボロボロエース カウカウ実績)

ハイエースバン(レジアスエースバン共通) ~10万km ~20万km 20万km~
200系 ディーゼル 2WD スーパーGL 
平成16年式~令和2年式
75万円~250万円 35万円~160万円 22.5万円~140万円
200系 ディーゼル 4WD スーパーGL 
平成16年式~令和2年式
115万円~235万円 45万円~180万円 20.5万円~130万円
200系 ディーゼル 2WD DX/DX-GLp 
平成16年式~令和2年式
55万円~150万円 20万円~100万円 20万円~65万円
200系 ディーゼル 4WD DX/DX-GLp
平成16年式~令和2年式
40万円~165万円 30万円~130万円 20万円~65万円
200系 ガソリン スーパーGL
平成16年式~令和2年式
50万円~160万円 32.5万円~155万円 30万円~85万円
200系 ガソリン DX/DX-GLp
平成16年式~令和2年式
35万円~140万円 22.5万円~75万円 20万円~65万円
100系 ディーゼル
平成8年式~16年式
15万円~40万円 12.5万円~40万円 12.5万円~40万円
100系 ガソリン
平成8年式~16年式
15万円~40万円 12.5万円~40万円 12.5万円~40万円

 

ハイエースワゴン ~10万km ~15万km 15万km~
200系 2WD DX 
平成16年式~令和2年式
35万円~165万円 30万円~135万円 30万円~100万円
200系 2WD GL 
平成16年式~令和2年式
8万円5~215万円 40万円~135万円 30万円~130万円
200系 2WD グランドキャビン 
平成16年式~令和2年式
55万円~225万円 50万円~190万円 45万円~150万円
200系 4WD DX 
平成16年式~令和2年式
40万円~195万円 30万円~125万円 25万円~75万円
200系 2WD GL 
平成16年式~令和2年式
75万円~235万円 50万円~135万円 35万円~80万円
200系 2WD グランドキャビン 
平成16年式~令和2年式
75万円~265万円 65万円~165万円 35万円~140万円
100系 ディーゼル 
平成6年式~平成16年式
5万円~30万円 5万円~20万円 5万円~20万円
100系 ガソリン 
平成6年式~平成16年式
5万円~20万円 5万円~20万円 5万円~20万円

より詳細な買取相場は「ハイエースの実際の買取相場表を公開」をどうぞ

ハイエースの買取事例

弊社がこれまでに買い取ったハイエースのほんの一例です。

お客様の声

ハイエース買取の流れ

買取の流れ

※大阪北部近郊の場合は、郵送ではなく、実物の持ち込み・出張査定や車両のお引き取りも可能です。

※北海道・沖縄・離島などの場合、弊社負担の陸送費が増えるため、ハイエースバン・レジアスエースの最低査定価格の10万円を下回る場合も稀にございます。

※陸送は、最寄りの、輸出用ヤードまたは業者オークション会場までとなります。陸送業者が仮ナンバーを持参し、自走により回送して目的地まで運びます。

※ご成約から車両のお引き取りまでは、通常約一週間程度かかります。

ハイエース買取に関するよくあるご質問

よくあるご質問

概算査定や、実物・写真査定も、全て費用は発生しません。
あきらかな虚偽申告等なければ減額をお願いすることは一切ありません。
もちろん可能です。事前にご連絡いただき予約いただければ幸いです。※日時の調整をさせていただく場合はございます。  
車検が切れたハイエースでも大丈夫です。
買取段階では売却先は決まっていませんが、年式、型式、等により輸出される国は異なってきます。また全てのハイエースが輸出されるわけではありません。売却先が決まらない場合は、国内の業者間オークションに出品する場合もございます。
全く問題ありません。ただし、タイヤが回らない車両の場合、陸送業者が対応できず、引き取りが出来ないケースはございます。
もちろん可能です。パーツとしての価値や、状況により修理して再稼働させ、販売することができます。ただし、タイヤが回らない車両は、陸送業者が対応できずに、引き取りが出来ないケースがあります。
主要な港までお持ち込みいただく条件で、買取できる場合が多いです。ただし場所にもよりますので、お問合せいただければ幸いです。
名義変更が出来ない車両の買取はお断りさせていただいております。
ほとんどの場合、弊社を経由せず、最寄りの港等へ直接輸送しますので、できればご自身で外していただいて、書類と一緒におくっていただければありがたいですが、どうしても難しい場合はお問合せいただければ幸いです。

ハイエースの無料概算査定のお問合せについて

お名前 (必須)

地域 (必須) 例:大阪府 吹田市

メールアドレス (必須)

車種名 (必須) 選択してください

グレード(バンの場合) (必須)選択してください

グレード(バンの場合) (必須)選択してください

グレード(ワゴンの場合) (必須)選択してください

型式がわかりますか? (必須)選択してください。

型式(必須)

燃料の種類(必須)

駆動方式(必須)

年式(初年度登録)(必須) 例:H8年

走行距離 (必須) 例:約19万km

車検期限 (必須) 例:H28年9月

トランスミッション(必須)

スライドドアについて(必須)

荷室のタイヤハウスについて(必須)

車体色 (必須) 例:白

車の状態

その他

電話番号(メールが届かない場合があります。なるべく書いてください)

当社をお知りになったきっかけ(必須)

電話による問い合わせも可能です。

車両輸出代行センター フリーダイヤル

「ハイエースの概算査定の件で」とお伝えください。

※しつこい後追い電話等は一切ございません。

ハイエースの下取り相場予想(ディーラーによる)

ディーラーを代表とする、買取業者の多くは、日本中古車査定協会(JAAI)の定めた価格基準(イエローブック)を利用して、査定を行います。

 この基準は、国内の中古車の卸売り価格をベースに作られているため、ハイエースのような海外超人気車両の場合、実際の市場の価値とはかけ離れた査定金額となる場合が多々あります。

詳しくは下記記事で紹介しています。興味のある人は読んでみてください。

 それでは、このイエローブックの基準を使って、一般的なハイエースの買取相場を紹介します。

これは輸出業者の買取相場ではありませんので、注意してください。

 ※相場の確認が終わったら、必ずこのページに戻ってきてくださいね。

※ハイエースワゴンの買取査定相場について

実はハイエースワゴンという名は海外では知られていません。そのためワゴンはどちらかと言えば、国内向きの中古車となります。しかし、10人乗りのハイエースワゴンは海外でもバス替わりで使用されることがあり、かなりの人気があります。

輸出向きのハイエースとそうでないハイエース

ハイエースと言えど、輸出に向かないハイエースもあります。 

 例えば、ハイエースワゴンのスーパーカスタムGやリビングサルーンEXなど、8人乗りの車種は、状態が良ければ国内の中古車としてもまだまだ、需要があります。

 このような国内向きのハイエースであれば、ディーラーの下取りや、一般の買取店でもきちんと相見積もりを数社とれば、十分な査定価格が付きます。

あまり輸出に向かないハイエース一覧

  1. 年式5年落ち以内かつ走行15万km以下の修復歴のないスーパーGL
  2. 過度なカスタムをしているハイエース
  3. キャンピング使用で状態の良いハイエースワゴン・コミューター(座席を取り払ってしまったもの)
  4. 修復歴がなく、状態の非常に良いハイエースワゴンで8人乗り以下のもの 

 このような車の場合、弊社のような輸出業者よりも、一般の買取店複数社で相見積もりを取る方が、査定額が高くなる可能性が高いです。

 ただし、そのような場合でも一括査定はあまりお勧めできません。ネットでは一括査定の誘導サイトが氾濫していますが、使う側にとっては大きいリスクが潜んでいるサービスですので、利用は慎重にすべきです。

一括査定というサービスについて、まとめた記事が2記事ありますので、事前に読んでおくことをおすすめします。

輸出向きのハイエース一覧

  1.  ハイエースバンDX(ベースグレード)全般
  2.  トランスミッションがマニュアルのもの
  3.  年式が古くても、走行距離が短いもの
  4.  年式が新しくても、走行距離が15万km以上のもの
  5.  年式も古く、過走行だが、まだ十分走るもの
  6.  修復歴があると言われたもの
  7.  10人乗り以上のハイエースワゴンまたはコミューター

上記のようなのハイエースならば、是が非でも、輸出業者で見積もりを取るべきでしょう。

我々の信念

 実は中古車の輸出業者の数は、弊社を含めて日本国内に1000社以上あり、決して少なくありません。

しかしながら、国内のお客様から直接買取をしている輸出業者はほとんどありません。

理由は業者間のオークションで仕入れをする方が楽だからです。

 近年、オークションで質の悪い車を格安で買い付け、それを輸出する業者が急増しています。

その影響で、これまで車を通じて絶大な信用を得ていた”日本人”が途上国で信頼を失いつつあります

 信頼できる日本人として「車という日本代表選手で絶対に海外の人々を裏切ってはいけない」「売った相手に本当に喜んでもらえる仕事」を信念にこれからも直接買取に挑み続けていきます。

代表自己紹介

公立高等学校の数学教師から脱サラ ⇒ 中古車輸出の世界へ

株式会社Direct Stock Japan 代表の山本剛(やまもとつよし)と申します。
 学生時代、オーストラリアでの1年間の生活を通して、日本車の海外での信頼のすごさとその需要をしりました。
 卒業後、青年海外協力隊員として、発展途上国(ドミニカ共和国・数学教師)で2年間ボランティア活動に参加しました。やはりそこも、路上は日本車で埋め尽くされていました。帰国後、7年間高校教師として充実した教師生活を送りましたが、どうしても途上国への思いと「日本の車はまだまだいける!」という思いが捨てきれず、脱サラし中古車の輸出業を立ち上げました。日本の”もったいない”という精神と途上国の人々をつなぐ橋渡し役として、これから日々精進していきたいと思います。